2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

目指せ 100万アクセス!

  • アクセスカウンター(2007.12.09~)
ユーザー画像

最近の記事

「車」関連の最新ブログ


OCN 検索

Powered by Blogzine[ブログ人]

« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

2011/11/30

海外で見かけた注目の車(545)ヒュンダイ・エラントラ<3rd>

3rd1海外で見かけた注目の車」シリーズの第545回目。

「トルコ編(2011年)」です。

今日もヒュンダイ、かつ、以前に「クロアチア&スロベニア編(2009年)」で記事にした車。

エラントラ」の3代目モデルをご紹介。

以前の記事では、写真の車両と同じく3代目モデルだったのですが、ピンボケ写真(下記アドレス)。

今回、やっと、きれいに撮影出来ました。

ちょっと角度が異なるのは、歩道橋から撮ったため、。

歩道橋って、遠くにいる車、通常だと、手前の車の陰になって見えない車でも、かなり余裕を持って、カメラを構えることが出来るので安心。

その一方で、ご覧のような角度となるので、バンパー等の形状が見難くなりますね。

なお、以前に見た車両と、ウインカーやバンパーが異なりますが、国ごと法令に合わせた違いや、年次モデルによる差がありそうです。

このあたりも「同一車種の国ごとの写真」が揃ってくると、データとして面白いように思いますね。

「クロアチア&スロベニア編(2009年)」の記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/05/224_ae00.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

アイスマンがF1に復活!

元F1のチャンピオンで、現在、WRCなどで活躍する、K.ライコネン選手の来シーズンからのF1復帰が決定しました。

当初は、チームはウィリアムズとの噂でしたが、決定したのはルノー(来季からはロータス)。

今季のマシン性能としては、ウィリアムズよりも上、トップ4の最後尾にいるメルセデスの次くらいのチーム。

今季もたまにトップ4にからんでいましたが、ここにK.ライコネン選手の腕前が加わるとなると本当に楽しみです。

あと、気になるのは、もう1人のドライバーが誰になるか?

個人的には、B.セナ選手に残って欲しいですね。

このコンビは、メルセデスに近いもの。

元チャンピオンの走りから、B.セナ選手が学ぶことも多いように思います。

となると、V.ペトロフ選手は?

こちらは、今季のヴァージンが来季からマルシアと名称変更をし、ロシアのチームとして登録されるので、こちらが有力な気がしますね。

※ドライバーはすでに発表されていますが。。。

以前の記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/11/f1_4f97.html

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

京都 菊乃井・濃抹茶プリン

Photo_4こちらは北海道乳業の「京都 菊乃井・濃抹茶プリン」。

宇治抹茶100%使用で、黒蜜ソース入りです。

京都の名店とのコラボを北海道のメーカーが発売するのって、京都に住む立場としては微妙なところですが、近くだと、案外、実行に移しにくいののなのでしょう。

※地元発の競合品も多いですし。。。

実際に食べてみると、抹茶の味がしっかりとしている一方でクリーミー。

このあたりは、北海道の他の材料が効いていそうです。

ただ、黒蜜ソースのところに達してしまうと、後は黒蜜の味しかしないのは残念。

敢えて、黒蜜ソースは入れないのも良いかも知れません。

あと、この手の商品に憶えがあったので、調べてみたところ、過去に同じメーカーの「なだ万・きな粉プリン」を記事にしておりました(下記アドレス)。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2008/06/post_614d.html

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

チャルメラ揚げせん

Photo_3またまた、面白いお菓子を発見!

チャルメラ揚げせん」です。

モントワールという会社の商品ですが、明星食品とコラボをしているもよう。

「ホタテの旨み」と「しょうゆ味」の揚げせんとのことですが、どちらかと言えば、塩コショウが強い感じでした。

この形状の揚げせんって、「ぼんち揚げ」や「歌舞伎揚げ」のような、甘みのあるしょうゆ味が普通なので、口に入れた時に、その味がしないと違和感があるものですね。

特に食感が同じなので、なおさらな気がします。

味については、その「慣れ」を省いてしまえば、美味しく、また、安価ですので、見つけた時にはお試し下さい。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

挽きたてカフェオレ

Agf100円ショップで買い置きしておくと便利なもの。

ペットボトルのコーヒー系ですね。

写真の商品はブレンディの「挽きたてカフェオレ」。

私の場合、缶コーヒーのおまけのミニカーをコンプリートした直後は、コーヒー系には不自由はしないのですが、そうでもない時は、たまにこういうものを食後に飲みたくなりますので。

ただ、買い置きが多いと、飲み過ぎにもつながるので、ブログの記事になりそうな、「これまでに飲んでいないもの」を見つけた時に1本だけ買うことにしています。

こちらは、カフェオレということで、微糖やカロリーオフでもないので、1本500mlを飲むだけで、それなりのカロリー。

美味しいものは、飲食に注意ですね!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/29

海外で見かけた注目の車(544)ヒュンダイ・マトリックス<後期型>

1_3海外で見かけた注目の車」シリーズの第544回目。

「トルコ編(2011年)」です。

今日もヒュンダイ車ですが、「マトリックス」という車種。

この車、以前に「クロアチア&スロベニア編(2009年)」で記事にしています。

そちらの車両は前期型、今回のものは後期型。

ヘッドライトを含むフロント部、リアバンパー、リア荷室窓枠等が異なりますが、全体のプロポーション、テールゲートの特徴的な段差、テールランプ形状等は同一です。

この車を発見した時、「これまでに撮影したかどうか?」

が定かではなかったのですが、その違和感はマイナーチェンジ前後の差であり、自信がないながらも、念のため、撮影をしておいて正解でした。

スペック等も過去の記事にてご覧下さい。

マトリックス」(前期型)の「クロアチア&スロベニア編(2009年)」の記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/04/216_e4a7.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

トヨタとBMWが提携

様々なところでニュースとして報道がされていますが、トヨタとBMWが提携をするとのこと。

トヨタはハイブリッドの技術を供与し、代わりに欧州で販売するためのディーゼル車のエンジンを手に入れるもよう。

トヨタのハイブリッドは北米用に日産に供与していたり、新たにマツダに供与したりと、量産によるコストダウンを目指しているので、その相手が、また1つ増えるといったところでしょう。

一方、BMWにしても、トヨタが相手となれば、ディーゼルエンジンに量産効果が見込めます。

供給がされるのは、直4-1.6L、2L とのことなので、車種としては「アベンシス」や「アベンシスヴァーソ」あたりが有力ですね。

また、レクサスの「IS220d」(下記アドレス)が次期型でダウンサイジングをして、「IS200d」となるなら、このエンジン(+ターボ)を積んでくるように思います。

さらに、「BMWのディーゼルエンジン」となれば、日本でも顧客へのアピールがし易いでしょうから導入があるかも。。。

海外にしかない、レクサスのディーゼル車が日本で購入出来れば、選択肢が増えて良いですね。

最近は各社がクリーンディーゼルを導入し出しているので、以前よりは市場に受け入れられ易いと思いますので。

レクサスの「IS220d」の記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/09/111is220d_d5a1.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

マスクメロン

Melon111129_2頂きものの「マスクメロン」。

当然と言うか、1個をまるまる頂いていますので、こんなにリッチな状態です。

※まだ、少し残してありますが(笑)。

スプーンで上品にとは言わず、口の周囲がよごれるのも気にせずカブりつく!

これが一番の食べ方でしょう。

頂いてから、すぐに食べたのですが、しっかりと熟しており美味しかったです。

様々なスイーツがありますが、美味しいフルーツも良いものですね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

厚焼

Photoせんべい、おかき、あられ、と色々ありますが、この手のものを欲しい時、最も食べ応えがあるのが、このような「厚焼き」のせんべい。

※かつ、しょうゆ味。

こういうものをバリバリと食べるため、歯は大切にしたいですね。

他、一口では頂けないため、周囲に細かな粉が落ちるのも困りものですが。。。(笑)

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

冬のホワイト・白ぶどう&ライチ

1_2こちらはエルビーの「冬のホワイト・白ぶどう&ライチ」というジュース。

果汁10%未満で、まろやかな味との表示。

原材料を見てみると面白くて、

果糖ぶどう糖液糖、ぶどう果汁、果糖、ライチ果汁、発酵ホワイトグレープ果汁、水あめ、乳製品乳酸菌飲料(殺菌)、コンブエキス、等々。

※掲載順。

こういうものは使用量に応じて記載されるはずなので、ライチ果汁は案外、入っていないこと、

ぶどうは、果汁そのものと、発酵果汁が入っていること、

また、乳酸菌飲料をわざわざ殺菌してから加えていること、

さらには、コンブエキスまで入っていることが分かります。

ライチの味をあまり感じなかったこと、さらには、薄っすらと乳酸菌系の飲料の味が付いていた理由が分かりました。

コンビニにて、低価格で販売している、こういうジュースですが、ここまで様々な材料を加えて、目的の味を目指しているのは凄いことと思います。

そういうノウハウを既に蓄積しているからこそ、コストダウンも出来るのだと思いますが。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/28

海外で見かけた注目の車(543)ヒュンダイ・アクセント<3rd>

A13rd海外で見かけた注目の車」シリーズの第543回目。

「トルコ編(2011年)」です。

今回は「ZABITA」から通常のパトカーに戻って、ヒュンダイの「アクセント」をご紹介。

現行で4代目まであるうちの3代目モデルですね。

パトカーの写真(上)ですが、観光バスの中から走行中の車両を撮ったのでピンボケ。。。

そのパトカーの後ろに写っているのはタクシー仕様。

そのタクシー仕様を撮影したのが下の写真ですが、こちらも木陰にてイマイチです。。。

多くの数が走っていたにも関わらず、なぜ、通常の仕様やリアの写真がないのか?

それは、「これまでに記事にしたと思っていたから」。

※写真下のタクシー車両はイールが珍しかったので撮影をしておりました。

ところが帰国後、改めてチェックをしてみると、記事にしていたのは、初代モデルと2代目モデルのみ(下記アドレス)。

こういうこともあるんですね。

さて、この3代目モデルですが、2005年からの発売。

従来あった5ドアハッチは無くして、3ドアハッチバックと4ドアセダンに集約しています。

ボディサイズですが、以前、ヨーロッパで購入した雑誌によれば、以下の通り。

 ・3ドアハッチ:全長4085mm、全幅1695mm、全高1470mm

 ・4ドアセダン:全長4280mm、全幅1695mm、全高1470mm

外車で、全幅1695mmは珍しいですね。

日本への導入を考えて設計をしていたのでしょうか?

エンジンは直4で、ガソリンは1.4Lと1.6L、ディーゼルは1.5Lターボとなります。

デザインですが、現行のシャープなデザインに比べると、親しみの持てる形。

こういうデザインで価格が手頃だと、多くの人に受け入れられ易いと思います。

沢山の数が走っている訳ですね。

これまでの記事はこちらのアドレスよりどうぞ。

初代モデル:

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/05/398_94ee.html

2代目モデル:

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/04/2103rd_cebe.html

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/05/397gt_b2e1.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

第7回 大阪モーターショー <事前情報>

ここ数日、車関連のブログを見ていると、「東京モーターショー」に関連する話題が増えていますね。

大半は、「チケットを確保した」、「今年は行きます」といったもの。

私もぜひ行きたいところですが、私の住む京都から東京まで行くのは大変です。。。

ということで、私が行くのは「第7回 大阪モーターショー」。

東京で展示されていた車両が一部、減ったりすることもありますが、目玉の車両は来てくれるので安心。

何より、近場で開催してもらえるのは、大変、ありがたいことですね。

第7回 大阪モーターショー」の概要ですが、以下の通りです。

日時:2012年1月20日(金)~23日(月) AM10:00~PM6:00 ※最終日はPM4:30まで

場所:インテックス大阪

料金:大人(中学生以上)当日1500円、前売1300円/子供(小学生)当日700円、前売600円

http://osaka-motorshow.com/

さらに大阪以外でも順次、開催がされるようですので、その関連情報を。

名古屋モーターショー 2011年12月22日(木)~25日(日) ポートメッセなごや

http://www.nagoya-motorshow.com/

福岡モーターショー2012 2012年1月27日(金)~30日(月) マリンメッセ福岡ほか

http://www.fukuoka-motorshow.jp/

札幌モーターショー2012 2012年2月17日(金)~19日(日) 札幌ドーム

http://sapporomotorshow.jp/

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

パンプキンデニッシュ

Photo_2こちらは神戸屋の「パンプキンデニッシュ」というパン。

その名の通り、デニッシュパンなので、パン生地が美味しい上に、表面にはクッキー生地が乗っていて美味しさ倍増。

さらに、中にはパンプキンフィリングをたっぷりと使った、かぼちゃクリームが入っています。

最近のかぼちゃを使ったスイーツは、以前、感じた「クセ」のようなものが無くなって、どんどんと美味しくなっているように思いますが、こちらのパンも同様にスイーツのような美味しさでした!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

シャンパリピンク

3日清ヨークの「シャンパリピンク」という桃のジュース。

名称が「シャンパン」っぽいためか、アルコールが入っていないことを、プラスチックのタグを付けてまで示しています。

実は1年前の、この時期にも「シャンパリグレープ」というジュースがありました(下記アドレス)。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/12/post_a1a7.html

明らかに季節限定のシリーズということになりますが、クリスマスパーティなどで利用されることも想定しての企画なのでしょう。

年に一度のことなので、来年の「味」を予想しておきます。

来年は、きっと、「シャンパリチェリー」だと思います!

※私が、この夏、トルコ旅行でサクランボのジュースをたくさん飲んだので(笑)。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

F1-2011-ブラジルGP決勝結果

第19戦、ブラジルGPの決勝結果です。  ※10位まで

  1. M.ウェバー(レッドブル・ルノー)
  2. S.ベッテル(レッドブル・ルノー)
  3. J.バトン(マクラーレン・メルセデス)
  4. F.アロンソ(フェラーリ)
  5. F.マッサ(フェラーリ)
  6. A.スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  7. N.ロズベルグ(メルセデス)
  8. P.ディ・レスタ(フォースインディア・メルセデス)
  9. 小林可夢偉(ザウバー・フェラーリ)
  10. V.ペトロフ(ルノー)

今シーズン、最後のレースで小林選手が結果を出してくれましたね。

予選まではタイヤの消耗に関する話題も聞かれましたが、フタを開けてみれば、要所を押さえてポイント圏内の9位。

本当に「タイヤをいたわりながら、勝負どころを見極め、勝つことの出来るドライバー」として経験を積んでいると思います。

来シーズンは、さらに結果が求められる年。

その結果をもって、さらに大きなチームへと移籍が出来れば、表彰台も狙えるのかと。

期待が出来る1年となりそうですね!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/27

海外で見かけた注目の車(542)ZABATA のフィアット・デュカート<2nd前期>

A1zabita2nd1海外で見かけた注目の車」シリーズの第542回目。

「トルコ編(2011年)」です。

今回の車も「ZABITA」の車両ですが、フィアットの「デュカート」をご紹介。

写真の車両は、1994年から2006年に販売された2代目モデルで、その中でも前期型にあたります。

※2003年より後期型。

また、プジョーの「ボクサー」やシトロエンの「ジャンパー」が兄弟車となっており、そちらを見かけることも多いですね。

当ブログでも、プジョーの「ボクサー」は2回、記事にしており(下記アドレス)、今回もドアミラーの形状を見て、そのことを思い出しました。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/02/378_9877.html

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/08/447_5241.html

現行型は、かなりアグレッシブなデザインとなっていますが、こちらも3社共通。

日本でも商用車のOEM供給が増えていきそうですが、その点ではヨーロッパは、かなり先行していますね。

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

トヨタの新型小型FRの名称は「86」

Toyota_86トヨタとスバルが共同で開発を進めていた「FT-86」(仮称)。

このトヨタ版の正式名称が「86(ハチロク)」と決定したようです。

まあ、そうなることも予想はしていましたが、いざ決まってしまうと、「従来のAE-86 と、どう区別して呼ぶか?」ということを考えてしまいます。

これは車雑誌などでも同じでしょうから、従来の方は「86」のままで、新た強い方が「New86」なんて呼ばれるような気がします。

さて、トヨタのHPでも「プロトタイプモデル」ながら、スペックが公開されていますので、見ておきましょう。

まず、大きさですが、全長4240mm、全幅1775mm、全高1300mm。

エンジンは、水平対向4気筒-直墳DOHC-2L で、200ps/7000rpm と 20.9kgm/6600rpm を発生します。

駆動方式はもちろんFRで、トランスミッションは6MT、6AT から選ぶことが可能です。

デザインも、これまで見てきたモデルのイメージを崩さずに、上手く市販車化したと思います。

ここで1つ気になったのがテールランプ(写真上)。

先日、ロサンゼルスモーターショーに出品された「BRZコンセプト-STi-」(写真下)と形が異なります。

特に、テールランプの形状以上に、それがトランク部に食い込むかどうかが大きな違いですね。

共に、「プロトタイプモデル」と「コンセプトカー」なので、最終版ではありませんが、ここは両車を見分ける、また、購入する際の二者択一のポイントになるかも知れません。

あと、気になるのは発売日と価格。

これも徐々に明らかになっていくでしょうから、それまでは車雑誌で情報収集ですね!

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

三色あられ

Photo昨日に引き続きの亀田製菓の「煎の極」というシリーズから。

「三色あられ」です。

「おかき」と「あられ」は大きさによる区分けだと思いますが、こちらの商品は後者ですね。

その名の通り、3つの味を楽しむことが出来て、お買い得です。

ちなみに、こちらは日本国内での生産のようでした。

このあたりは、まだ、海外生産への切り替えの途中なのかも知れませんね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

ジョージア エメラルドマウンテンブレンド・カフェオレ

Photo_2こちらはジョージアの「エメラルドマウンテンブレンド・カフェオレ」です。

昨年より、ジョージアの中の「エメラルドマウンテン」というブランドを用いての姉妹品の展開が続いていますが、今年はカフェオレですね。

このブランドを使用するには、コロンビアコーヒー生産者連合会(FNC)認定の高級豆、「エメラルドマウンテン」を使わねばなりません。

よって、コストアップの要因にもなりますが、数が出れば、利益は出るとの読みでしょう。

味の方は、カフェオレながら、コーヒーの味がしっかりとするので、通常のジョージアのカフェオレとは全く異なります。

あちらが甘過ぎるという人、また、コーヒー好きの人に受け入れてもらえそうな味ですね。

ちなみに、エネルギー量は、44kcal/100g と高めです。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

F1-2011-ブラジルGP予選結果

第19戦、ブラジルGPの予選結果です。

  1. S.ベッテル(レッドブル・ルノー)
  2. M.ウェバー(レッドブル・ルノー)
  3. J.バトン(マクラーレン・メルセデス)
  4. L.ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)
  5. F.アロンソ(フェラーリ)
  6. N.ロズベルグ(メルセデス)
  7. F.マッサ(フェラーリ)
  8. A.スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  9. B.セナ(ルノー)
  10. M.シューマッハ(メルセデス)
  11. P.ディ・レスタ(フォースインディア・メルセデス)
  12. R.バリチェロ(ウィリアムズ・コスワース)
  13. J.アルグエルスアリ(トロロッソ・フェラーリ)
  14. S.ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  15. V.ペトロフ(ルノー)
  16. 小林可夢偉(ザウバー・フェラーリ)
  17. S.ペレス(ザウバー・フェラーリ)
  18. P.マルドナード(ウィリアムズ・コスワース)
  19. H.コバライネン(ロータス・ルノー)
  20. J.トゥルーリ(ロータス・ルノー)
  21. V.リウッツィ(HRT・コスワース)
  22. D.リチャルド(HRT・コスワース)
  23. J.ディ・アンブロシオ(ヴァージン・コスワース)
  24. T.グロッグ(ヴァージン・コスワース)

今シーズンのF1も、いよいよ最終戦となりました。

そんな中、S.ベッテル選手は今季15回目のポールポジション獲得。

これは新記録です。

これまでは、N.マンセル選手の14回が最多で、年間のレース数が今よりも少ない頃の記録なので、「獲得比率」という点では異なりますが、「数」としての更新は事実なので、賞賛すべきでしょうね。

一方、小林選手ですが、ご本人的にも、このサーキットはタイヤの消耗が激しいとのことで、早くも決勝の戦い方を模索したフリー走行~予選であったもよう。

決勝は天候についても影響があるかも知れないとのことですが、少しでも上位を目指し、ポイントを確保して頂きたいですね。

他、レースとは直接、関係はありませんが、K.ライコネン選手とウィリアムズとの交渉が決裂したとの報道もありました。

現在、K.ライコネン選手はルノーとの交渉をしているようです。

これで、復帰となると、ルノーは来期、K.ライコネン選手+1名。

V.ペトロフ選手にしても、B.セナ選手ににても、持参金が多いドライバーなので、放出されれば、下位のいずれかのチームとの契約がまとまりそうな気がします。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/26

海外で見かけた注目の車(541)ZABATA のフィアット・フィオリーノ

A1zabita_2海外で見かけた注目の車」シリーズの第541回目。

「トルコ編(2011年)」です。

今回の車も「ZABITA」の車両ですが、フィアットの「フィオリーノ(Fiorino)」をご紹介。

この車は、プジョーやシトロエンにも兄弟車があり、違いはエンブレムくらいなので、それらも含めて、ヨーロッパで数多く走っている車ですね。

当ブログでも、以前に記事にしており、そちらの車両はパネルバン的に車体後部の窓が無くされています(下記アドレス)。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/09/265_4c61.html

パトカーの方の、この手の用途の車には、フォードの「トルネオ・コネクト」が採用されていましたが(下記アドレス)、警察と「ZABITA」で車の選択にも違いがあるなら、それは面白いことだと思いますね。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/11/537_6544.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

アルト エコのフロントバンパー

F昨日、「アルト エコ」の記事を書き、従来の「アルト」からの改良点として、「フロントバンパー形状の見直し」ということを記載しました。

その後、「どのように変わったのか?」をスズキのホームページで見ていたのですが、全く分からず。。。

最初はエアインレットの大きさや形が変わったのだろうと予測をしていたのですが、そちらは同じままです。

そして、やっと、見つけたのが写真の部分。

写真上の「アルト エコ」では、ヘッドライトの下部にスジ状の突起があります。

レーシングカー等では、ここにフィン状の別のパーツを取りつけて、空気をきれいに後方に流し、乱流の発生を抑えています。

また、ハイパフォーマンスな市販車では、それを取り入れつつ、かつ、万が一の人との接触時に備え、写真のような「緩やかな突起」として導入をしています。

一方で、「アルト エコ」にて、この突起の効果が得られるようなスピードを出すのか?

と言えば、それは、ほとんど有り得ないでしょう。

では、なぜ、これを取り入れたかと言えば、「燃費を良くするための手法は可能な限り採用した」ということを社内外に示すため。

社内的に言えば、技術者に対しては、「ここまで採用するのだから、これよりも効果が見込めるものは全て採用すべし」、営業部門に対しては「ここまで採用したのだから頑張って売ろう」、そして、顧客に対しては「効果は微妙かも知れませんが、出来ることは全てやりました」との営業トークが出来ます。

生産上のコストアップに関しては、金型の追加ということになり、元の金型に比べて技術的な難しさはないので、オプション用の別仕様のバンパーの金型を作るようなもの。

そして、「数」は出るでしょうから、オプションよりも1個あたりの費用は抑えられるでしょう。

こういった点まで含めての、このフロントバンパーの採用と言うことで、よく考えられている、「アルト エコ」。

この技術が今後の全ての軽自動車に取り入れられるかと言えば、それも微妙で、デザイナーさんから見れば、「この突起はない方が車のデザインがきれいにまとまる」と言うこともあるかも知れません。

そのあたりも、今後の注目ポイントですね。

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

お江戸 芋プリン

Photo_5昨日、東ハトの「おさつポテコ」について書きましたが、他にもさつまいもの商品が増加中。

写真はタカナシの「お江戸 芋プリン」です。

プリン自体が、さつまいも味であるのと、カラメルの代わりに「みたらしタレ」が入っているので、独特の味ですね。

ただ、これが美味しくて、クセになりそうな味。

きっと、季節限定の商品と思いますが、定番にしても良いくらいだと思います。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

梅のり巻

1こちらは亀田製菓の「梅のり巻」という、おかき。

「煎の極」というシリーズのようです。

買ってから、と言うか、このブログ用の写真を撮る時に気付いたのですが、こちらは中国での生産品。

何でも『この製品は亀田製菓(株)グループの中国「青島亀田食品有限公司」で、厳しい品質チェックのもので生産しております』(原文そのまま)とのこと。

東北の米どころのメーカーも、ついに中国生産に切り替える時代になって来たということですね。

味の方は、これまでの亀田製菓のおかきと変わらず。

さすが、わざわざ「厳しい品質チェックのもので生産~」と書くだけのことはあります。

今後は、価格によって、日本製と中国製が分かれてくるのでしょうか?

そのあたりにも注目しておこうと思います。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

野菜生活100

1001最近、家内が凝っている野菜ジュース。

今日のものは、カゴメの「野菜生活100」。

私は野菜ジュースは飲まないですが、随分と前からあるロングセラーのように思います。

野菜汁50%+果汁50%で、合計100%。

もちろん、砂糖や食塩は無添加です。

実際に使われている材料ですが、以下の通り。

野菜:にんじん、赤ピーマン、黄ピーマン、ほうれん草、アスパラガス、小松菜、クレソン、かぼちゃ、紫キャベツ、ブロッコリー、プチヴェール、ビート、赤じそ、セロリ、レタス、はくさい、ケール、パセリ、なす、たまねぎ、だいこん、キャベツ、

果物:りんご、オレンジ、レモン

これらを元にして、200ml入り。

1本のエネルギー量は69kcal です。

相変わらずに飲まないまま、この記事を書いているので、「味」についての感想がないのは、お恥ずかしい限りですが、材料については、かなり詳しくなってきました!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/25

海外で見かけた注目の車(540)ZABATA の電動カート

A1zabita1海外で見かけた注目の車」シリーズの第540回目。

「トルコ編(2011年)」です。

このところ、警察車両をご紹介していますが、今日の車は「ZABITA」のもの。

ZABITA」というのは、一般的な警察ではなく、市区役所に属する治安保安部署のようです。

また、こちらの車両ですが、車と言うよりは、ゴルフ場にある電動カートのようなものでしょう。

マフラーがどこにもなく、その代わりに、フロントバンパーとリアのバンパーの位置に、不自然な四角い箱が付いています。

ここにバッテリーが搭載されているのだと思います。

本来、バンパーが付くべき位置が、このようになっていては危険極まりないのですが、これが使用されているということは、そもそも大したスピードは出ないということなのでしょうね。

他、気になったのは、リアのテールランプが「スマート」にそっくりだということ。

一度、そう思ってしまうと、「スマート」にしか見えません。。。(笑)

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

アルト エコ vs ミラ イース

Ecoスズキから「アルト エコ」が来月の12日に発売されるそうです。

この車の特長は低燃費。

先日、ダイハツの「ミラ イース」が達成した燃費を上回っています。

※JC08モードでの比較。10・15モードでは同等。

  「アルト エコ」・・・30.2km/L(JC08モード)、32.0km/L(10・15モード)

  「ミラ イース」・・・30.0km/L(JC08モード)、32.0km/L(10・15モード)

アルト エコ」の凄いところは、「ミラ イース」のような新規開発ではなく、従来車種の改良にて、「ミラ イース」を超えてしまった点。

主な改良点としては、新世代エンジンの導入、CVTの改良、20kgの軽量化、アイドリングストップはブレーキを踏んで9km/hだとエンジンが停止する設定等。

さらに、フロントバンパー形状の見直しや、車高の15mmダウンで空気抵抗の低減を狙うなど、極限まで出来ることをやった感じ。

これが、「ミラ イース」の燃費を0.2km/L上回る結果につながったように思います。

そんな「アルト エコ」ですが、気になる価格は次の通り。

  •  ECO-L:895,000円
  •  ECO-S:995,000円

「ECO-S」は上級グレードで、電動格納式カラードリモコンドアミラー、電波式キーレスエントリー、セキュリティーアラームシステムが標準で付きます。

一方の「ミラ イース」の価格は以下の通り。 ※カッコ内は北海道地区の価格

  •  D : 795,000円(810,750円)
  •  L : 895,000円(910,750円)
  •  X : 995,000円(1,010,750円)
  •  G :1,120,000円(1,135,750円)

「D」は廉価版で、営業車等に使われそうなグレードですから、実質的には競合しない、また、「X」が上級仕様で、電動格納式ドアミラーやキーレスエントリーが付くことを考えると、正に真っ向勝負の価格帯ということになります。

そして、「アルト エコ」には、新車効果がないため、大きな値引きが望めそうです。

と言うか、「アルト エコ」の発売により、「ミラ イース」の値引きが引き出せるようになったことが大きな効果でしょう。

燃費に関しては、30km/Lでの0.2km/Lの違いなので、1%以下。

この差をあまり気にする必要はないと思います。

よって、デザインの好み等も含めて、両車を比較しつつ、見積もりを取って、納得のいく方を購入すれば良いですね。

他、今後の国内の軽自動車市場について考えてみると、三菱は電気自動車がありますが、ホンダが出遅れた感じ。

きっと、今回の「アルト エコ」のように、急遽の発表があるのだと思いますが、それまでは販売で苦戦をしそうですね。

なお、「ミラ イース」の詳細な情報については、下記アドレスの記事をご覧下さい。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/09/post_0c81.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

加賀屋特選 雪月花

Photo_4石川県の和倉温泉のお土産。

加賀屋特選 雪月花」です。

しっとりとした、黄身餡入りの饅頭で、上品な甘さ。

加賀屋と言えば、日本一のサービスとも評される老舗旅館ですが、こちらの饅頭もさすがです。

私が宿泊をすることはないだろうな、と思いつつ、美味しく頂きました!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

おさつポテコ

201111東ハトの「おさつポテコ」。

これを買う時、カルビーの「さつまりこ」と迷ったのですが、そちらは、この間、食べて、ブログに書いたばかりなので(下記アドレス)、食べていない方を選択しました。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/10/post_5871.html

両方とも、普段は、じゃがいもベースにて、色々な「味」を出していて、秋にさつまいも味を季節限定で発売する状態。

違うのは、「じゃがりこ」や「さつまりこ」が、まだまだ食べたい量であるのに対して、「ポテコ」のシリーズは、一袋を食べれば満腹になる、という点でしょうか。

味付けや、お菓子の作り等、細かな点は異なりますが、「量」という観点は重要ですね(笑)。

「ポテコ」の方は、冬場限定のクリーミーな味も発売されるでしょうから、そちらも楽しみです。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

のどに潤い とろとろ林檎

Photo_2またまた、面白いジュースを発見!

のどに潤い とろとろ林檎」です。

りんご果汁:1% は普通。

他に入っているのは、まず、ハーブエキス。

シソ、オオバコ、シナカラスウリ、ハマボウフウ、カリン、ヨモギ、ツリガネニンジンの記載があります。

また、とろみを出すために、葛粉が入っています。

ハーブエキスのためか、少し「のど飴」のような風味があり、また、葛粉のとろみがあるために、飲んでいると、このジュースがのどに留まる感じです。

エネルギー量は、24kcal/100ml。

本格的な冬場に向けて、この手のジュースにも注目ですね!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/24

海外で見かけた注目のバイク(18)三輪スクータ?

A1zabita1海外で見かけた注目のバイク」の第18回目。

「トルコ編(2011年)」です。

まあ、今回はバイクと言っても、ご覧の通りの三輪スクータ的なもの。

セグウェイ的な雰囲気ですが、「三輪」ということで大きく異なります。

セグウェイは「二輪だけど、あの速度で倒れないバランス機能が凄い」というのが売りですので。

ただ、こちらは機動性は抜群。

広場をスムーズに走り回っていました(下記アドレス)。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/10/97_9888.html

改めて写真を見てみると、前輪が小さすぎて、段差を越えるのが大変そうな気がします。。。

他、非常に静かだったので、バッテリー+モーターで動いている可能性も高そうです。

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

レクサス GS250

Gs250新型のレクサスの「GS」には、V6-2.5Lモデルが用意されるようです。

これはドイツ車などで見られるダウンサイジングを考慮してのことで、日本車では、まだまだ、珍しいケースです。

ただ、これまでの「アリスト」や「GS」の経緯から考えると、このグレードが日本で販売されるかどうかは微妙なところ。

過去にも日本では販売されなかったグレード(=排気量)が存在していましたから。

日本では、排気量が小さい車を高額で売りにくい(売れない)、という事情がありますが、この「GS250」が廉価版となって、レクサスの間口を広げるようなことになれば良いなと思います。

一方で、元「アリスト」のオーナーとしては、V6-2.5Lでは、この車の特性・個性を感じることは出来ないので、V6-3.5Lモデルの方がベストチョイスであるとも感じます。

また、ドイツ車でも対応をされていますが、排気量をダウンしても動力性能が低下しないよう、ターボを付けることが増えているので、日本車にもターボが復活してくるかも知れませんね。

ターボに関しては、日本のメーカーは様々なノウハウを持っているので、そちらに関しても楽しみです。

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

北海道・素焼きドーナツ

Photo_4こちらは北海道土産の「北海道・素焼きドーナツ」。

先の(一般の)ドーナツのヒットの後、このような「揚げないドーナツ」も差別化戦略の1つとして出て来ました。

こちらのような「焼くタイプ」は、従来からの焼き菓子系、例えば、マフィンやマドレーヌなんかに近いものとなっていますが、形がリング状ゆえに「ドーナツ」として認識されるのでしょう。

よって、そういう焼き菓子だと考えれば、それらを以前から作っていたところ、また、それらに適した素材を確保しているところが美味しいものを作るのは当然ですね。

と言う訳で、北海道には、そのようなスイーツも沢山あって、お土産となるのも頷けます。

写真のドーナツも期待通りの味で、美味しく頂きました!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

もっちもっちベーコンチーズ

Photo3日連続でのパンの話題。

写真は「もっちもっちベーコンチーズ」というパン。

リーズナブルな価格のパンながら、チーズの層がたっぷりで、食べ応えがありました。

しかし、何度、読んでも「もっちもちベーコンチーズ」と発音してしまいます。

こちらの方が語呂が良いと思うのですが。。。(笑)

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

杏仁豆乳 + ゼリー

1_6こちらは「杏仁豆乳 + ゼリー」という豆乳飲料。

豆乳を杏仁味で仕上げると、全く違和感なく美味しくなることは、以前、紀文の「爽香杏仁」という商品で経験済みなので(下記アドレス)、安心して購入。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/10/post_d391.html

実際に「味」の方は予想通りで、違和感なく仕上がっておりました。

次にゼリーの方ですが、非常に柔らかいタイプで、飲んでいても、食感での不自然さはなかったですね。

ただ、ここまで来ると、細かな杏仁豆腐や杏仁ゼリーであれば、さらに良かったと思います。

ゼリーのために、豆乳の方の杏仁味が薄まっているようにも感じられたので。。。

ここは人により好みが変わる部分でもあるので、どちらに仕上げるかは、難しい部分だと思いますが。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/23

海外で見かけた注目のバイク(17)トルコの白バイ

A1いきなりですが、「海外で見かけた注目のバイク」の第17回目。

「トルコ編(2011年)」です。

昨日まで、トルコの警察車両をご紹介して来ましたが、今日は「白バイ」ということで、シリーズは変更致しました。

という訳ですが、私はバイクには詳しくないので、このバイクのメーカー、車種等は全く分かりません。。。

多分、バイク好きな方であれば、写真を見ただけで、それらが分かると思いますので、お楽しみ下さい。

なお、「捕まったフィアット」と書こうとしたのですが、写真を拡大をしてみると、おまわさんは笑顔でした。

きっと、知り合いの人を見つけて談笑中、という状況なのでしょう。

そう思って見てみると、おまわりさんは私服!

もしかして、トルコでは、通勤の際にも白バイを使うのでしょうか?

防犯上(駐車中の盗難等)の危険もあるので、それは、ないと思いますが。。。

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

P.デ ラ ロサ選手が来季よりF1に復帰

P.デ ラ ロサ選手がF1の2012年シーズンより、HRTのドライバーとして復帰するそうです。

※2年契約

P.デ ラ ロサ選手は、F1の前には日本でレース活動をしていたり、F1デビューのアロウズでは高木虎之介選手とチームメイト、さらに2010年はザウバーにて、小林可夢偉選手のチームメイトであったりと、日本とは関係の深いドライバーですね。

また、マクラーレンやジャガーに在籍し、マクラーレン時代には2位表彰台も経験済み。

今シーズンはマクラーレンのテストドライバーを務めていましたが、HRTにとって、その経験やマシンの開発力は魅力でしょう。

P.デ ラ ロサ選手にとっては、有力チームのテストドライバーか、HRTの正ドライバーかは悩みどころであったと思いますが、「実戦に出て戦うこと」を選択したのは称讃すべきことでしょう。

そこには、故郷であるスペインのチーム、HRTの躍進に協力したいとの思いもあったと考えます。

この冬のF1のストーブリーグは上位チームの席が早々に埋まってしまったのとは対照的に中盤以降のチームの席が全く決まらない状態。

そんな中、テストドライバーという立場から、シートを獲得したP.デ ラ ロサ選手は注目すべきドライバーということ。

来季のHRTの発展に注目ですね!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

粒あんおはぎ

Photo_3下の記事の「洋」の甘いものから、「和」の甘味へ。

粒あんおはぎ」です。

3個入りですが、実は小さくて、一口サイズ。

まあ、3個も食べれば、「しばらく、あんこ系はいらないな」となるくらいですが、それもちょっと贅沢な感じで良いですね(笑)。

本当は2回くらいに分けて頂くべきなのでしょうが。。。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

おいしいシューロール・メープル&マーガリン

Photo_22日連続でのパンの話題ですが、左の写真はPasco の「おいしいシューロール・メープル&マーガリン」。

メープルシロップと言えば、初めての海外旅行がカナダだったので、その時以来の好物。

そして、そういうシロップ的なものと、油脂類の組み合わせでパンを食べるのが美味しいのは、今年の夏のトルコ旅行にて、「ハチの巣&バター」(下記アドレス)で経験済みなので、それを思い出す感じでも買ってみました。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/08/37_571c.html

実際に食べてみると、メープルシロップは、ハチミツ(ハチの巣)よりもコクがあってカラメルに近い印象。

あと、粘度が低くてトロトロなのですが、これは、上手く、割ったパンに挟み込んだ後、マーガリンでフタをしていましたね。

こういうのを食べると、再び、カナダにも行ってみたくなりますね。

北米と言うことで、ヨーロッパとは、走っている車が全く異なるものも、私にとっては魅力です!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

ふじりんご

Photoコンビニで見つけた「ふじりんご」というジュース。

この時期に増えてくる、りんごジュースですが、りんごの品種まで指定するのは珍しいですね。

それだけ、この品種のりんごを大量に、かつ、安価に入手出来たということでしょう。

果汁の方は10%で濃厚な味です。

エネルギー量は、41kcl/100ml。

パッケージ上部にある写真が斬新ですね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/22

海外で見かけた注目の車(539)警官移送バス+α

A1海外で見かけた注目の車」シリーズの第539回目。

「トルコ編(2011年)」です。

今日も警察関連の車両ですが、写真上は警官の移送用のバス。

なぜ、それが分かったかと言えば、写真のバスには、実際に沢山の警官の人達が乗っておられたから。

このバスにはフロントのヘッドライト他、前面下半分と側面の全ての窓に金網のカバー付き。

※さすがにフロントガラス部はなし。法令に抵触するからでしょう。

これは、デモや暴動の場に行って、投石などがあってもダメージがないようにするため。

日本の、この手の車両を見たことがないのですが、こういう部分にお国柄の違いを感じます。

また、下の車両は目的や所属等は不明ながら、ここでご紹介することとしました。

ボディーカラーはご覧の通りで、側面に「CTE」の文字を含むエンブレムがあります。

車両上部には、ブルーのみのパトランプ、そして、ナンバープレートはパトカーと同様にベースが青色で白抜き文字です。

窓がないということは、人を運ぶというよりは、特殊な機材車のような気がしますが、それ以上は全くの不明。

こういうものは「CTE」の意味くらいを現地ガイドさんに聞いておくべきでした。。。

あまりにマニアックな車だと、現地の人にも分からないかも知れませんが。

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

三菱がMINICAB-MiEV をスズキに供給へ

三菱が「MINICAB-MiEV」をスズキへOEM供給することが決定したようです。

この2社は、共に日産に軽自動車をOEM供給している間柄で、今後も軽自動車を開発し、拡販する上でのライバルでもあります。

※マツダやスバルとは考え方が異なるという意味で。 (トヨタや日産はさらに別)

ただ、今回は「販売台数を稼ぐことでコストを下げたい」(三菱)、「電気自動車をラインナップに欲しい」(スズキ)という両社の思惑が一致したのでしょう。

MINICAB-MiEV」については、日産への供給も検討中とのことで、1つの商用車を2社にOEM供給するとなると「AD/ADエキスパート」を思い浮かべますね。

 「AD/ADエキスパート」(日産) → 「ファミリアバン」(マツダ)、「ランサーカーゴ」(三菱)

この3社で1車種を販売するというパターンは、下記の通り、商用車以外でもトヨタ・ダイハツ・スバル連合で実施中。

 「クー」(ダイハツ) → 「bB」(トヨタ)、「デックス」(スバル)

スバルのラインナップの変化を見ていると、そして、トヨタが軽自動車を販売するという流れから、今後、こちらのようなパターンが増えそうです。

一方、今回とは逆の流れ、スズキから三菱のOEM供給では、「ソリオ」を「デリカD:2」として供給している状況があります。

この話題を聞いた時は驚きましたが、実は、今回の件とセットの話なのかも知れませんね。

また、スズキはVW からのエコカー技術の獲得を目指していましたが、それが望み薄になったことも、今回の決断に影響をしていそうです。

最近は、マツダから日産へのOEM供給が始まりました。

 「プレマシー」(マツダ) → 「ラフェスタ ハイウェイスター」(日産)

このマツダですが、スズキから軽自動車のOEM供給を長期に渡って受けており、他社からの導入に慣れているので、その供給元であるスズキが問題ないなら、三菱から「MINICAB-MiEV」を仕入れることもありそうです。

これにて、「MINICAB-MiEV」が4つのメーカーで販売されることになります。

また、そのお返し(?)として、マツダの「ビアンテ」が、「デリカD:4」として三菱にOEM供給されれば、「デリカ」のラインナップがさらに充実するようにも思いますね。

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

個別包装のマウスウォッシュ

X1_2こちらは個別包装になった「マウスウォッシュ」。

ちょうど、コーヒーフレッシュのような容器に入っています。

※本体の部分は透明で中の液(水色)が見えています。

個人使用ではない場所に、こういうものを設置する場合、通常のものでは、「誰が触れたか分からないものは口に入れにくい」という不安もあるでしょうから、多少、コストが掛かっても、こういう需要は生じるのですね。

容器上部のアルミシールの部分で、直径4.5cm。

これなら、口を付けやすく、液がこぼれることはないでしょう。

また、容量は14ml。

これには、個人差があるでしょうから、「適量を口に含み~」といった使用方法が書かれていました。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

焼きいも風パン

Photo_3スーパーで見つけた「焼きいも風パン」(ヤマザキ)。

これは買わない訳にはいかない!

とゲットしました。

中は、「さつまいも餡」と「角切りのさつまいもの甘露煮」が入っており、さつまいもを堪能出来ます。

とくに、甘露煮の方は「芋そのもの」なので、さつまいもを食べていることを実感。

こういう季節ものも良いですね!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

コーヒー500

5001こちらは明治の「コーヒー500」。

商品名の中の「500」は、もちろん、容量(500ml)を指しており、開封直後から全てを飲み切るまで、美味しく飲めるようにとの工夫を凝らしているとのこと。

具体的には、口に残らない甘みと、明治独自の「スイートマイルド製法」(?)にて、最後の一滴まで飲み易い風味を実現しているそうです。

この「開封直後から全てを飲み切るまで」が、意味するところが、「500mlを飲んで行くうちに、味に飽きる」と言うことに対応するものか、「開封後に劣化して味が落ちる」のに対応するためかと言えば、前者でしょう。

となると、元々、500ml を美味しく頂いていた私にとっては効果なし?

なんてことも考えましたが、味が美味しくなるのは良いことですから、さらなる美味しさを堪能しました。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/21

海外で見かけた注目の車(538)ルノー・12のパトカー

A111海外で見かけた注目の車」シリーズの第538回目。

「トルコ編(2011年)」です。

今日もパトカーのご紹介ですが、ルノーの「12」です。

昨日の記事にて、フォードの「トルネオ・コネクト」のパトカーについて書きましたが、こちらにも再び登場。

こちらは数の多さから、しょっちゅう見ましたが、ルノーの「12」のパトカー仕様は珍しいのではないかと思います。

一般に走っているルノーの「12」は、経年劣化もあって、それなりにボディの色がくすんでいる車両がほとんどなのですが(下記アドレス)、こちらのパトカーのボディ艶々。

きっと、補修や点検の際、定期的に再塗装をするからだと思います。

普通、この手の緊急車両の場合、一定の期間の利用後は代替をすることも多いはず。

ルノーの「12」の販売期間を考えると、そろそろ「卒業」の時期である気もしますが、そこは車に対する考え方の違いなのでしょうね。

それにしても、貴重な車を見ることが出来、幸運でした!

一般のルノーの「12」の記事(写真)はこちらのアドレスからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/08/44912_00e0.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

スバル・レックス<2nd後期>

2nd友人から「珍しい車を発見した!」との写真付きのメールが。

写真を見てみると、スバルの「レックス」の2代目後期モデル。

1981年から1986年に販売され、こちらの後期型は1984年9月からです。

初代モデルは、エンジン搭載位置をリアとする、RR形式。

ここから一気にFFとなったのが、こちらのモデルです。

また、途中から4WDも追加されており、写真の車両もボディサイドに「4W-」の文字が見えるので該当しそうです。

海外だと、この年式の車はたくさん見ますが、日本だと珍しくて、友人からメールが来るほど(笑)。

これは国民性や経済的なもの(所得に対する車の価格)もあるでしょうが、車検制度も大きいでしょうね。

毎回の車検代と部品・交換費用を考えると、「そろそろ買い換えようか」となることも多いと思いますので。

なお、初代モデルと3代目モデルの記事がありますので、以下のアドレスよりどうぞ。

初代モデル:

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/06/18_391c.html

3代目モデル:

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2008/10/46jumbo_1afb.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

Loacker milk&cereals

Loackerイタリアのお土産で頂いた「Loacker milk&cereals」。

パッケージにある写真の通り、チョコバーなのです。

日本で食べるこういうタイプのものだと、「キットカット」を思い出しますが、もっと、食べ応えがある感じ。

どちらかと言えば、「スニッカーズ」に近いかも知れません。

あと、チョコレートは、さすがイタリア! という美味しさ。

これは、貰って嬉しいお土産ですね。

私が旅行に行くのは夏場ばかりなので、この手のお土産が買いにくいのですが、秋から春にかけては、こういうチョコレート菓子が溶ける心配もなく、選択肢が増えます。

一度、そういう時期にも旅行をしてみたいですが、長期休暇を取れる訳もなく、年末年始は価格がアップするので無理ですね。。。(笑)

ということで、やはり、夏場(しかも7月初旬あたり)が現実的なところです。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

来来亭監修・まかない焼おにぎり

KサークルK で見つけた「来亭監修・まかない焼おにぎり」。

来来亭」と言えば、以前から行きたかったのに、なかなか来店出来ず。。。

やっと、食べに行った際のアンケートでお食事券が当選して、引き続き、2回、来店した経験があります。

※その経緯は下記のアドレスよりどうぞ。

こちらのおにぎりですが、基本的には鶏ガラ醤油風味のチャーハンの味。

お店で食べたチャーハンの味が懐かしいです。

それは、また、店舗の方にも行きたくなってきました!

過去の「来来亭」は、こちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/04/post_b58d.html

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/04/post_a216.html

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/05/post_7d52.html

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/05/post_3f8c.html

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

果ジュレ・ピーチ

Photoこちらは森永の「果ジュレ・ピーチ」という紙パックジュース。

ジュースと言っても、ゼリー飲料で、果肉入りの商品で見られる「柔らかいゼリーの塊が、果肉と共に入っている」のではなく、全体にゼリー入りという状態。

それも、微細な粒々のゼリーがまんべんなく入っている感じで、終始、食感は変わりません。

果汁は26% と濃厚で、「果汁とゼリーのミックス」というのが実態ですね。

それでいて、エネルギー量、40kcal/100ml は低めかと。

他のフルーツ味も飲んでみたくなるジュースでした。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/20

海外で見かけた注目の車(537)フォードのパトカー

A11海外で見かけた注目の車」シリーズの第537回目。

「トルコ編(2011年)」です。

昨日の記事の中でも1台が写っていましたが、今日の車はフォードの「トルネオ・コネクト」のパトカー。

この車は販売する地域により、「トランジット・コネクト」となることもあるのですが、トルコでは前者の方でした。

このパトカーも相当数が走り回っていました。

きっと、狭い路地裏にも、どんどんと入って行くことが出来、車内も広くて多くの荷物が詰める、そして、価格的にも安い、といったところが理由としてありそうです。

日本で言えば、トヨタの「シエンタ」やホンダの「フリード」のパトカー仕様のようなものですから、たくさん走っていると、違和感を感じそうなものですが、こうやって最初から見てしまうと、そうでもなかったですね。

このあたりにも国による車に対する文化の違いを感じました。

ノーマル仕様は、これまでに記事にしていますので、こちらよりご覧下さい。

トルネオ・コネクト

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/10/298_8bc5.html

トランジット・コネクト

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/04/200_e729.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

御礼・60万アクセス達成!

600700_2いつの間にか、ブログのカウンターが「60万アクセス」を超えていました。

これも、ご訪問を下さる皆様のおかげ。

心より御礼申し上げます。

なお、カウンターの上には「目指せ 100万アクセス!」と書いておりますが、これはキリがよいために書いただけで、まずは「70万アクセス」を目指していこうと思います。

引き続き、「TypeR日記」にお越し下さいます様、よろしくお願い申し上げます。 _(._.)_

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

とらやき イチゴ&クリーム

Photo_5香月堂の「とらやき イチゴ&クリーム」。

同社の、このシリーズでは、今まで「とらやき プリン」や「とらやき モンブラン風」という商品がありました(下記アドレス)。

今回は「イチゴ&クリーム」と言うことで、ホイップクリームとイチゴジャムがサンドされています。

これを食べて思ったのが「イチゴショートの味わい」と言うこと。

もちろん、果物のイチゴが入っている訳でもなく、生地の方もスポンジケーキではなく、パンケーキなので厳密に言えば、異なりますが、口に入った時に感じるものは同じ系統のもの。

これを安価に楽しくことが出来るのですから、この商品は素晴らしいと思いますね。

引き続き、同社の新製品に期待です!

とらやき プリン」の記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/09/post_64f1.html

とらやき モンブラン風」の記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/05/post_dcf4.html

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

淡路島産牛乳使用のクリームパン

Photo_4こちらは「淡路島産牛乳使用のクリームパン」。

その名の通り、淡路島の牛乳を使っているとのこと。

このパンで面白いなと思ったのは、しっかりと成型をして作っているような形。

背の高いホットケーキと言うか、販売しているスポンジケーキと言うか。

要はしっかりとした円形で高さも均一、そして、側面もあります。

この中にクリームが均一に、しかも、結構、端の部分まで入っていますので、よくある「食べ終える部分にクリームが少なくて、ちょっと損をした気分」になる心配はありません。

クリームの方は、バニラビーンズの細かな粉がところどころに分かる状態

その香りも豊潤で、非常に美味しいクリームパンでした!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

バナナ オ・レ

Photo_3明治の「バナナ オ・レ」です。

このシリーズは、普段、「フルーツ オ・レ」が定番で販売されていたり、現在、季節限定(?)で「いちご オ・レ」が見られますが、「バナナ」は初めてであるように思います。

こちらは、果汁1% なのですが、強いバナナの味と香り。

きっと、香料が効いているのでしょう。

それでいて、後味はすっきりとしているので、500ml でもゴクゴクと頂けます。

ただ、エネルギー量は、52kcal/100ml と高めなので、飲み過ぎには要注意ですね(笑)。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/19

再来年からホンダがF1に復帰!?

2014年からF1はエンジンがV6ターボに変わりますが、この年にホンダがマクラーレンにエンジンを供給する可能性があるようです。

まだまだ、先の話なので、あくまでも可能性ながら、こういう話が出る時は、実際に何らかの動きがあったケースが多いので、ただの噂話ではないでしょう。

「マクラーレン・ホンダ」と言えば、かつて、常勝を誇ったチーム。

現在のマクラーレンのドライバー、J.バトン選手、L.ハミルトン選手とも、今後も長いスパンで同チームと契約をしそうですが、小林可夢偉選手が移籍出来れば、面白いなと思います。

あと、B.セナ選手とか。

さらに、ホンダが中堅チームにもエンジンを供給し、佐藤琢磨選手がF1復帰してくれれば、嬉しいですね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

海外で見かけた注目の車(536)ミニのパトカー

A1mini2_2海外で見かけた注目の車」シリーズの第536回目。

「トルコ編(2011年)」です。

昨日の「海外で見かけた日本車」のシリーズから切り替えて、外車のパトカーを紹介していきます。

その初回は、BMWの「ミニ」。

ご覧の通り、いたるところに、「ミニ」のパトカーがいます。

いずれもイスタンブールでの撮影ですが、観光地にこういうパトカーが走っていると、絵になるものです。

※そう思うのは私だけ?

車好きなおまわりさんがおられれば、この車はきっと楽しいだろうなと思います。

現行の「ミニ」なら、実用性もありますから、日常の使い勝手は良いでしょう。

こういう車がサイレンを鳴らしながら、数台、連なって走っていれば、映画のような光景でしょうが、現実の世界において、そういう機会があるのは、事件や事故の時ですから、無い方が良いですね。

よって、写真のように停車している状態が一番なのかも知れません。

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

雪塩ちんすこう・ミルク風味

Photo_2沖縄土産で頂いた「雪塩ちんすこう・ミルク風味」。

以前、頂いた「雪塩ちんすこう」(下記アドレス)の姉妹品のようです。

雪塩ちんすこう」の味を忘れかけていますが、あちらは、ピリリと塩味が効いていたのに対して、今回のものは随分とマイルドな気がします。

きっと、「ピリリ~」といった感想があって、もう1バージョンを増やしたのでしょう。

以前、沖縄に行った際には、本当に多くの種類の「ちんすこう」を販売していました。

あれから、かなりの年数が経ちましたが、そろそろ、再び訪れてみたいものですね。

雪塩ちんすこう」の記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/08/post_a30f.html

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

朝食ももミックスヨーグルト

Photo昨日、グリコの「朝食フルーツやさいヨーグルト」について書いたのですが、そのシリーズから、もう1品。

朝食ももミックスヨーグルト」です。

ミックスと言うことで、入っているのは、白桃、りんご、アロエ。

パッケージにおいても、白桃の後ろにりんご、さらにその後ろにアロエの絵を描きながら、帯でわざわざ隠すという状態。

余程、「もも」の印象を強めたいのでしょう。

実際に食べてみても、ヨーグルト自体の「もも」の味が強く、りんご果肉であっても、アロエ葉肉であっても、そちらの味が勝つので、そんなに気にするほどのことでもないと思いましたが。。。

本来なら「ももミックス」ではなく、「もも」の単体で商品化をしたかったのかも知れませんね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

やさいしぼり

1今日も野菜ジュースの話題から。

こちらはカゴメの「やさいしぼり」。

「おいしさの黄金比」とのことで、緑黄色野菜3種類がブレンドされています。

その3種類と、それぞれの特長は以下の通り。

  にんじん ・・・甘み

  トマト   ・・・酸味

  赤パブリカ・・・苦味

さらに「野菜のカロテノイド」も入っていて、これらも、それぞれにより異なります。

  にんじん ・・・β-カロテン

  トマト   ・・・リコピン

  赤パブリカ・・・カプサンチン

これまで、ご紹介してきた3つの商品に比べ、材料の数は格段に少ないですが、目的がはっきりしているので、商品としてのアピールも、し易そうです。

きっと、味は「トマトジュース」に近いのでしょうね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/18

ジューク-R

R1下の記事に合わせた訳ではありませんが、こちらも「ジューク」の話題です。

かねてから噂になっていた「ジューク-R」が欧州日産から発表されました。

GT-R」の駆動系を移植したモンスターマシンです。

その心臓部は、V6-3.8Lツインターボ。

2007年仕様のエンジンのため、480psですが、十分過ぎるパワーです。

もちろん、4WDシステムや6速のデュアルクラッチトランスミッションも導入済み。

今後、テスト走行を実施していくそうです。

ただ、この車、市販を前提とはしていません。

きっと、この車を使いこなせる人はそうそういないでしょうから、それも当然でしょう。

それに価格も大変なことになりそうですし。。。

一方、元気な「ジューク」を作るなら、「エクストレイル」のクリーンディーゼルを乗せる方法もあると思います。

そのエンジンは、173ps&36.7kgm を発生。

ジューク」はNAだと114ps&15.3kgm、ターボだと190ps&24.5kgmですから、結構、面白い車が出来上がるような気がしますね。

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

海外で見かけた日本車(133)日産・ジュークのパトカー

A1_2海外で見かけた日本車」シリーズの第133回目。

「トルコ編(2011年)」です。

以前、このシリーズで日産の「ジューク」について紹介し、パトカー仕様があることをお知らせしましたが(下記アドレス)、それがこちらです。

ジューク」なので、大きさは知れていますが、威圧感は十分。

※全長4135mm、全幅1765mm、全高1565mm。

狭い路地にも入っていけて、迫力もあるので、パトカーとしての貫録は十分ですね!

トルコでは他にも様々な車種のパトカーがありますので、明日以降もご紹介をしていきます。

以前の「ジューク」の記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/07/121_3b8a.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

みかん

111118_2下の記事の商品にも入っていますが、みかんの美味しい季節となってきました。

昔は、出始めの頃のものは酸味が強かったように思いますが、今は、いきなり美味しい。

これも品種改良の賜物でしょう。

他、ここ最近の日本の平均気温の上昇にて、将来はみかんの産地が北の方にシフトするとも言われています。

となると、現在のみかんの産地はさらに南方系の果物、オレンジやマンゴー等を栽培することになるのでしょうかね?

何年スパンでの話になるかは分かりませんが。。。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

朝食フルーツやさいヨーグルト

1_7このところの野菜ジュースの話題は、家内のリクエストで買っているものですが、野菜入りのヨーグルトを見つけたので、こちらも購入!

グリコの「朝食フルーツやさいヨーグルト」です。

フルーツの果肉としては、りんごと温州みかんが入っており、これにニンジンが加わっています。

また、味を整えるために果汁として、同じく温州みかん、また、パイナップル、パッションフルーツ、レモンが入っています。

他、ココナッツオイルなども入っているので、ヨーグルトにニンジンを入れたことによる味の調整には相当の気を使っているようです。

このグリコの「朝食~」のシリーズは「りんご」から始まり、「みかん」が追加されたのは知っていましたが、いつの間にか、こういう商品も増えていて驚きましたね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

野菜一日これ一本

1_63日連続での野菜ジュースの話題。

こちらはカゴメの「野菜一日これ一本」という商品。

メーカーが変わると、商品名も随分と変わるものですね。

さらに、こちらは野菜汁100%。

果物はなしです。

入っている野菜は次の30種類。

トマト、にんじん、赤ピーマン、プチヴェール、ケール、しょうが、ほうれん草、セロリ、紫キャベツ、赤じそ、ヨモギ、チンゲンサイ、ブロッコリー、レタス、キャベツ、クレソン、パセリ、かぼちゃ、アスパラガス、たまねぎ、モロヘイヤ、ビート、だいこん、小松菜、紫いも、あしたば、はくさい、なす、グリーンピース、ごぼう。

野菜だけで30種類ともなると凄いですね。

まさか、これを飲んで、ヨモギやごぼうが入っているとは思わないでしょう。

容量は200mlですが、350g分の野菜が使用されているとのこと。

これで、エネルギーは1本あたり、68kcal です。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/17

フィットEV

Ev1ホンダがロサンゼルスモーターショーで、「フィットEV」を公開しました。

まずはアメリカでの販売を想定しており、240Vの充電器にて3時間で充電が可能で、予想最大航続距離は198km とされています。

販売予定価格は、$36,625(約280万円)とされており、2012年夏から発売するようです。

日本での価格は未発表ですが、日産の「リーフ」が376万円強~、三菱の「i-MeEV」が260万円~ということを考えると、バリューフォーマネーでは、かなりのお買い得車となりそうな予感。

ハイブリッドカー、プラグインハイブリッド、第3のエコカー等との競合もあるでしょうが、そのなかでも「EV」としての存在感は高そうです。

他のポイントとしては、インフラの整備でしょうね。

都市部では問題はないでしょうが、郊外での充電ポイントの設置が「EV」のシェア拡大のキーになっていくと思います。

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

海外で見かけた日本車(132)日産・プリメーラ欧州仕様<2nd後期>

2海外で見かけた日本車」シリーズの第132回目。

「トルコ編(2011年)」です。

日本車の方の紹介は、一旦、終えていたのですが、風景写真に珍しい車が写り込んでいたので、忘れないうちに記事にしておきます。

その車は日産の「プリメーラ」(2代目モデル)の欧州仕様後期型。

※セダンか、5ドアハッチかの判別は不可。また、他にワゴンもあり。

この世代は、初代モデルの大ヒットを受けて、キープコンセプトにて開発された世代で、ワゴンモデルが追加され、日本での販売店違い用には「プリメーラ カミノ」という車種まで用意されました。

写真の欧州仕様は、エンブレムを交換すれば、そのまま、(当時の)ルノーでも販売出来そうなデザイン。

また、「アルメーラ」(下記アドレス)との共通性もあり、次期型である3代目の「プリメーラ」にも通じるデザインであるように思います。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/09/56_1836.html

欧州仕様の「プリメーラ」と言えば、5ドアハッチ仕様にばかり、目が行きがちですが、こういう車にも注目ですね!

プリメーラ」と言えば、5ドアハッチ仕様の記事はこちらからどうぞ。

初代モデル:

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/09/555_e18a.html

3代目モデル:

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2008/07/365_0b3c.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

レモンケーキ

Photo_4こちらは「レモンケーキ」。

名前を聞けば、誰もがほぼ同じものを思い浮かべることが出来る、お馴染みのケーキですね。

表面のコートと、少し酸味が効いた甘さは、このケーキ独特のものです。

よく似たフルーツ味が出てきてもよさそうですが、私が知る限りはないように思います。

余程、この組み合わせが良いということでしょうね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

いもけんぴ

F_2ファミリーマートで懐かしいお菓子を発見。

いもけんぴ」です。

子供の頃によく食べていましたが、正式な名前は知らなかったような気がします。

ちょっと硬めなので、歯が弱いと食べるのに躊躇しそうですが、こういうものをバリバリと噛むことが出来るよう、歯を健康に保ちたいものですね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

ビタミン野菜

1_4昨日に引き続きの野菜ジュース。

今日は「ビタミン野菜」(伊藤園)という商品です。

こちらは、野菜汁60%+果汁40%で、合計100%。

さらに栄養機能食品(ビタミンE、ナイアシン、ビオチン)となっています。

使用されている材料ですが、以下の通り。

野菜:にんじん、トマト、メキャベツの葉、有色甘露、レタス、赤ピーマン、インゲン豆、ケール、ピーマン、白菜、ブロッコリー、セロリ、アスパラガス、かぼちゃ、小松菜、あしたば、パセリ、クレソン、キャベツ、ラディッシュ、ほうれん草、三つ葉。

果物:りんご、オレンジ、マンゴー、レモン、カムカム、アセロラ。

昨日の「充実野菜」と比べて、微妙に異なるのが興味深いですね。

こちらのエネルギー量は1本(200ml)あたり、71kcal。

100mlに換算すれば、35.5kcal。

野菜ジュースだと、このあたりの数値が多いのでしょうか?

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/16

海外で見かけた注目の車(535)ミニ・カントリーマン

Bmw_2海外で見かけた注目の車」シリーズの第535回目。

「トルコ編(2011年)」です。

今日の車はBMWミニの「カントリーマン」。

BMWがこの車を作るようになってから、2世代目に設定されたSUVです。

※BMWは、SAVと表現。

2010年からの発売で、日本へは2011年から輸入されています。

大きさは、全長4105mm、全幅1790mm、全高1550mm、ホイールベース2595mm と歴代でも最大。

日本では、3ナンバー登録となりますね。

エンジンですが、全車ガソリン仕様の直4-1.6L。

NA(自然吸気)は、チューンの異なる2種類があり、98ps&15.6kgm と 122ps&16.3kgm。

ターボの方は、184ps&24.5kgm です。

トランスミッションは、6MTと6ATがあり、どのグレードでも選択可。

そのグレードですが、以下の4つ。

  • ONE        ・・・NAモデル(98ps&15.6kgm)
  • クーパー     ・・・NAモデル(122ps&16.3kgm)
  • クーパーS    ・・・ターボモデル
  • クーパーS ALL4・・・ターボモデル

「クーパーS ALL4」は、ミニ初の4WD。

前後アククルの駆動力配分を無段階で制御し、前後0:100~100:0で自動的に変化します。

なお、日本での名称は「MINIクロスオーバー」。

これは商標上の問題で、日本国内では「カントリーマン」という名称が使用出来ないから。

オリジナルの名称が一番ですが、こういう大人の事情に関しては、仕方なしですね。

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

椿の花

Pb060008近所で早くも咲いていた椿の花。

薄桃色の八重の品種で、とても上品です。

メジロなどが蜜を吸いに来ることが出来ないのは、可哀相ですが、この美しさは別格ですね。

メジロに関する記事は下記アドレスにて、どうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/02/post_c3ea.html

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

淡路・枇杷クーヘンケーキ

Photo_5淡路島のお土産、「淡路・枇杷クーヘンケーキ」。

スポンジケーキの中に、ビワ風味のクリームが入っていて、美味しかったです。

ただ、「クーヘンケーキ」の意味が分かりませんでした。。。

例えば、「バウムクーヘン」は、「バウム」=「木」、「クーヘン」=「ケーキ」の意味で、「木の年輪を持つケーキ」ということになるのですが、「クーヘンケーキ」だと?

敢えて、ケーキの意味を2度、重ねて、「ケーキの中のケーキ」ということを示しているのでしょうか。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

キューブパフチョコ

100こちらは「良味100選」というシリーズの「キューブパフチョコ」。

販売者はヤマザキナビスコです。

以前にも書いた通り、大手メーカーがPBを作るパターンですね。

さて、こちらのお菓子、パフをチョコレートで固めた状態、

サクサクとした食感が心地良いです。

普通のチョコレートも良いのですが、「クランキー」や「ブラックサンダー」的なものは、より好きですね!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

充実野菜

1_2家内のリクエストで買って来た「充実野菜」(伊藤園)。

野菜汁50%+果汁50%で、合計100%。

砂糖・食塩は未使用の天然物(?)です。

ベースは、にんじんとりんごとなっていますが、野菜20種類、果物5種類が使われています。

その内容ですが、以下の通り。

野菜:にんじん、有色甘露、レタス、赤ピーマン、インゲン豆、ケール、ピーマン、白菜、ブロッコリー、セロリ、アスパラガス、かぼちゃ、小松菜、あしたば、パセリ、クレソン、キャベツ、ラディッシュ、ほうれん草、三つ葉。

果物:りんご、ぶどう、レモン、アセロラ、オレンジ。

エネルギー量は、1本(350g)あたり、116kcal。

よって、他の飲み物でよく使われている100gあたりで言えば、約33kcal といったところ。

これは砂糖など、余計な添加物が入っていないからでしょうね。

味の方は、家内によれば、「美味しかった」とのこと。

私は野菜ジュースを飲まないくちなので、その感想を記載しておきます。。。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/15

トヨタのアクアが正式発表!

Aquaいよいよ、トヨタの「アクア」が正式発表されました。

一般の人々が実車を見ることが出来るのは、東京モーターショーとなりそうですが、写真はすでにスクープされていたものと同じでしたね。

ただ、この「シトラスオレンジマイカメタリック」のような元気な色は、これまでのハイブリッドカーでは、あまりなかったので斬新。

スペック等は過去に記事に書いたものと同等なので、そちらの記事をご覧下さい(下記アドレス)。

40km/Lとされた燃費は、やはりと言うか、実は10・15モードの方。

より実際に近いJC08モードでは、35km/Lとなるようです。

なお、海外では「プリウス」のハッチバック版として、「Prius c」として販売するようですね。

後ろ姿をご覧になりたい場合はこちらの記事をどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/10/post_1549.html

詳細スペック、ボディーカラー、ライバル車との比較はこちらの記事をどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/10/post_5f57.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

海外で見かけた注目の車(534)フォードのトラック

Photo_4海外で見かけた注目の車」シリーズの第534回目。

「トルコ編(2011年)」です。

今日は、フォードのトラックをご紹介。

前回のタンカーに比べると、随分と未来的なデザインのフロントマスクです。

少し前だと、このようなデザインは考えられず、見るとしても、モーターショーなどでの「未来の車」として展示されるものでのことくらいでした。

これが実用化出来るのも、ヘッドライトユニットの高性能化があってのことでしょうね。

先に、BMC のトレーラーについても近代的なデザインだと思っていたのですが(下記アドレス)、先進性では、こちらが上だと感じました。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/10/492bmc_c8f8.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

キャラメルサンドワッフル

Photo_2オランダのお土産、「キャラメルサンドワッフル」。

2008年の夏にオランダ&ベルギーを旅行した時に食べてから大ファンです。

日本でも、外国のお菓子を扱っている店で、たまに売っていますが、そういう店にはなかなか行かないので。。。

ちなみに、こちらの商品名は「Butter Toffee Wafer」となっていました。

この中の「Toffee」ですが、「キャンディー、キャラメル」、または「砂糖をカラメルにして薄板状に冷したもの」との意味がありますから、その前の「Butter」とあわせて、「バターキャラメル」といったところでしょう。

それにしても、美味しすぎます!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

黒蜜入り かりんとうまんじゅう

Photoコンビニで見つけた「黒蜜入り かりんとうまんじゅう」。

沖縄産の「黒蜜」と、北海道産の「小豆」という、日本の最南端と最北端のコラボです。

1つの地域の食材で美味しいものを作り上げるのも良いですが、このようにそれぞれ最高のものを組み合わせるのも良い手法。

今回は、もちろん後者ですね。

かりんとうまんじゅう」ということで、表面はカリッとした皮になっており、黒糖の味と香り。

さらに、その中に柔らかな生地、こしあん、黒蜜と入っており、とても美味しいですね。

こちらは、冷蔵にて販売をしているのですが、美味しさを保つためのことでしょうから、それも納得がいきます。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

杏仁いちご<2011>

201111こちらはエルビーの「杏仁いちご」というジュース。

以前、見たような気がして調べてみると、ほぼ1年前にも飲んでいました。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/11/post_2e54.html

パッケージのイラストも同一か?

と思いましたが、細かな部分での改良あり。

1つめはコップが置いてあるテーブル。

以前は「木のテープル」であったものが「赤色のクロスの上にコースター」となっています。

これは「赤」の色合いを加えて、商品の棚でより目立たせる、もしくは、赤色で食欲をそそる、といったところでしょう。

もう1点は「杏仁豆腐」のイラストが入ったこと。

これも味を想像させて、購買意欲を刺激するため。

季節ごとの商品で、お馴染みになって来ても、より多くを売るために、そのあたりの配慮は必要なのでしょう。

となると、早くも来年のデザインが気になったりしました(笑)。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/14

海外で見かけた注目の車(533)フォードのタンカーをもう1台

3海外で見かけた注目の車」シリーズの第533回目。

「トルコ編(2011年)」です。

前回に引き続き、フォードのタンカーをご紹介。

ご覧の通り、キャビンの塗装のハゲかたを見ても、バンパーのサビを見ても、相当、古そうです。

また、ヘッドライトやフロントグリルのデザインを見ても、ここ最近のものではないですね。

その一方で、しっかりとタイヤに空気が入っていたり、周囲の草の生え方を見ていると、現在も現役として使われているのは確かでしょう。

ナンバープレートがないので、転売中、その後、塗装をリフレッシュして、使用をするのかも知れませんが。

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

トルコ旅行記(125)最後は機内食!

11070934トルコ旅行記」の第125回目。

長きに渡って、お送りしてきた、このシリーズも、いよいよ最終回。

その内容は、帰路の飛行機での機内食です。

ラスト4回は、夕食以降の食べ物の話題ばかりでしたが、これも当ブログらしいということで、ご容赦下さい。 _(._.)_

さて、飛行機は深夜の23:50発。

という状態なのですが、出発後2時間は機内も明るいままで、食事まで出て来ます。

それが写真1枚目。

夕食でも食べた「ヤプラック・ドルマス」(下記アドレス)も出てきて、旅の思い出に良い感じでした。

ちなみに、この時点で、この夕食(?)を無視して寝ている人もチラホラ。

私達は上手く食事を調整していたこともあり、完食しました。

この夕食を終えると、機内は消灯。

これで、就寝ですね。

ただ、私は結構な数の映画を見ておりましたが。。。(笑)

※見た映画については、折を見て、記事にしようと思います。

飛行機は半日ほど飛ぶ訳ですが、関空に着くのは時差のため夕方。

と言うことで、その3時間ほど前に起こされて、今度は朝御飯 or 昼ごはん。

それが、写真の2枚目と3枚目。

2枚目は肉料理の方ですが、「キョフテ」が出てきて嬉しい限り。

これも現地で食べて、とても美味しかったです!(下記アドレス)

3枚目は魚料理で、こちらは、アッサリ系でした。

それにしても、目覚めのメニューしては、かなりのボリュームでしたね。

例によって、完食しましたが(笑)。

こんな感じで関空に夕方5時に到着。

いつもだと、朝の9~10時に付くことが多いので、半日、安んで、次の日から仕事となるのですが、今回は帰宅して、すぐに寝て、起きて出勤という状態。

とにかく、お土産だけはスーツケースから出して就寝しました。

「ヤプラック・ドルマス」の記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/11/post.html

「キョフテ」の記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/10/105_be81.html

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

良味100選・いかフライ

100下の記事にあわせた訳ではないのですが、おつまみっぽいお菓子を。

良味100選というシリーズの「いかフライ」です。

製造元は、誰もが知っている「なとり」。

最近は、大手でも、こういうPB(プライベートブランド)の生産を請け負うようになってきましたね。

大手が生産していても、お値打ち価格。

それは販売者側が全品買い取りをすることで、メーカーが在庫を抱えるリスクを負わなくてよい分だけ、価格を下げることが出来るようです。

味や品質については、メーカー保証付きのような状態で、買う側も安心。

今後も、こういう商品は増えていくでしょうね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

金のオフ

Photo_8サッポロの「金のオフ」です。

オフ」なのは、糖質が70%オフ、プリン体が50%オフ、とのこと。

実質的に入っている量を栄養成分表示(100mlあたり)で見ると、糖質:0.4~1.0g、プリン体:1.0~5.0mg です。

一方、アルコールは4%。

また、エネルギー量は、28kcal/100ml です。

ところで、「金のオフ」の割には、缶は緑色、商品名は白色ですね。

金色なのは、サッポロの★のマークだけ。

確か他の製品も同じ色だったような気が。。。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

F1-2011-アブダビGP決勝結果

第18戦、アブダビGPの決勝結果です。  ※10位まで

  1. L.ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)
  2. F.アロンソ(フェラーリ)
  3. J.バトン(マクラーレン・メルセデス)
  4. M.ウェバー(レッドブル・ルノー)
  5. F.マッサ(フェラーリ)
  6. N.ロズベルグ(メルセデス)
  7. M.シューマッハ(メルセデス)
  8. A.スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  9. P.ディ・レスタ(フォースインディア・メルセデス)
  10. 小林可夢偉(ザウバー・フェラーリ)

波乱のスタートですが、小林選手はジャンプアップ!

さらに5週目で早くもタイヤ交換で、トラブルか?

とも思いましたが、見事な作戦勝ち。

こういう展開だと、タイヤをいたわりながらも速さを出せる小林選手の走りが生きて来ますね。

そして、攻めていても冷静さを残しているところ。

ここは、これまでの日本人選手にはなかった特長。

大抵は、頑張り過ぎてクラッシュか、コースアウト、

もしくは無難に行き過ぎて、見せ場もなく完走、ということが多かったので。

いよいよ、次が最終戦ですが、来シーズンは、もう少し速いマシンに乗せてあげたいものです。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/13

海外で見かけた注目の車(532)フォードのタンカー

1海外で見かけた注目の車」シリーズの第532回目。

「トルコ編(2011年)」です。

今日もフォードの車ですが、大型のタンカーをご紹介。

車名等は不明ですが、フロント部とキャビン側面に「2520」の文字があります。

他、ボディ後方にある矢印の標識。

路肩に駐車して作業をする際、後方のドライバーに注意を促すものですが、「右側通行」に対応したものとなっています。

海外に行くとハンドルの位置などが気になりますが、当然のことながら、こういった細かなところも変わってきますね。

世界的に見れば、「車の左側通行」の方が少数派ではありますが。

あと、タンク部の青と水色のラインは、昨日の「トランジット」と同じものでした。

フォードの商用車のオフィシャルなデザインということでしょうか?

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

トルコ旅行記(124)さらに、もう1回、トルコアイス

11070931トルコ旅行記」の第124回目。

いよいよ空港に着き、帰国となりますが、登場する飛行機は深夜のフライとにて、結構な時間がありました。

現地通貨であるトルコリラは使い切り、後は両替用にと用意していた米ドルがありましたが、これは家内が免税店で化粧品などを購入。

あまった小銭で何か買えないかなと空港内を歩き回っていると、トルコアイスの屋台(?)を発見し、購入!

ピスタチオも掛けてもらって、美味しさを堪能しました。

そして、さらに残った小銭でネスティーのレモンティーを購入。

こちらは世界共通の味ですね。

ネスティーを飲み終え、搭乗ゲートに移動です。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)    ★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)    ★☆☆☆(良い)
by TREview

キャラメルオールドファッション

Photo_6こちらは、コンビニで見つけた「キャラメルオールドファッション」というドーナツ。

キャラメル味」が強いのかなと思ったのですが、案外、そうでもなく、素朴な美味しさ。

そのあたりは「オールドファッション」という表現が示しているのかも知れません。

あまりにも過激に甘いよりも、こういう味の方が飽きが来ず、次にも食べたい、と思わせてくれるものですね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

リプトン・レモンティー

Photo_72つ上の記事に合わせた訳ではありませんが、リプトンの「レモンティー」です。

現在、色々な種類の紅茶が販売されていますが、日本人にとって最もポピュラーなのが、こちらではないでしょうか。

当ブログでも、一度くらい記事にしているかなと思ったら、写真を撮ったことすらありませんでした。

たまには飲んでいるのですが。。。

味は、特に今更、説明の必要もないほど。

これが日本人が考える「レモンティー」の基本的な味、になっているとも思います。

そういう意味で、「ブランド」というものは大切であると感じますね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

F1-2011-アブダビGP予選結果

第18戦、アブダビGPの予選結果です。

  1. S.ベッテル(レッドブル・ルノー)
  2. L.ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)
  3. J.バトン(マクラーレン・メルセデス)
  4. M.ウェバー(レッドブル・ルノー)
  5. F.アロンソ(フェラーリ)
  6. F.マッサ(フェラーリ)
  7. N.ロズベルグ(メルセデス)
  8. M.シューマッハ(メルセデス)
  9. A.スーティル(フォースインディア・メルセデス)
  10. P.ディ・レスタ(フォースインディア・メルセデス)
  11. S.ペレス(ザウバー・フェラーリ)
  12. V.ペトロフ(ルノー)
  13. S.ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)
  14. B.セナ(ルノー)
  15. J.アルグエルスアリ(トロロッソ・フェラーリ)
  16. 小林可夢偉(ザウバー・フェラーリ)
  17. P.マルドナード(ウィリアムズ・コスワース)
  18. H.コバライネン(ロータス・ルノー)
  19. J.トゥルーリ(ロータス・ルノー)
  20. T.グロッグ(ヴァージン・コスワース)
  21. D.リチャルド(HRT・コスワース)
  22. J.ディ・アンブロシオ(ヴァージン・コスワース)
  23. V.リウッツィ(HRT・コスワース)
  24. R.バリチェロ(ウィリアムズ・コスワース)

今回は、L.ハミルトン選手かな? と思っていたら、最後はやっぱり、S.ベッテル選手でした。

これで、N.マンセル選手の持つ、1シーズンでの予選トップの数に並んだようです。

となると、次の最終戦にも期待をするしかありませんね!

あと、小林選手は微妙な位置。

シーズン序盤なら、ここからの追い上げでポイント圏内に入ることが多かったのですが、最近は中盤グループの中でも、ザウバーの戦闘力が落ちてきているので、少し心配です。

逆に、失うものは何もない、といった気持でガンガン攻めてもらいたいですね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/12

海外で見かけた注目の車(531)フォード・トランジット<3rd>

Photo海外で見かけた注目の車」シリーズの第531回目。

「トルコ編(2011年)」です。

今日もフォードの車ですが、「トランジット」をご紹介。

長い歴史を持つ、この車ですが、現行までの7モデル中の3世代目のものです。

販売されていたのは、1978年~1986年なので、少なくとも25年は経過した車と言うことになります。

大柄なボディに積まれるエンジンは、ガソリンが直4-1.6L と V6-3L、ディーゼルが直4-2.5L。

多くの人や荷物を運ぶための車ですから、トルク重視のセッティングであったと想像します。

これまで、このモデルの他の世代を記事にしてきましたが(下記アドレス)、ここに来て、3世代目を見かけるとは思いませんでした。

そのあたりがお国柄というか、地域性なのでしょうね。

5代目モデルの記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/11/297_b83a.html

7代目モデルの記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/11/296_22b1.html

よく似た車名の「トランジット・コネクト」の記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/04/200_e729.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

トルコ旅行記(123)トルコで一番のトルコアイス

P7090821_2トルコ旅行記」の第123回目。

夕食の後には、現地係員の人が「トルコで一番のトルコアイス」のお店に連れていって下さいました。

それが写真のおじさんのお店。

店舗の中には色々な有名人が店を訪れた時の写真が沢山、貼ってあります。

おじさんはアイスクリームをコネながら、肖像画(?/写真上)にもなっている決めポーズで写真撮影にも応じてくれます。

もちろん、ここでもトルコアイスを購入。

旅行の現地最終日で、飛行機搭乗前の食事も終えた後で、トルコリラを使い切っていましたが、ドルでも、ユーロでも支払いが可能とのことで助かりました。。。

さすが、トルコで一番、つまり、トルコアイスでは世界一でもある訳で、とても美味しかったです!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

皇帝ダリア

Pb060009近所で咲いていた「皇帝ダリア」の花。

何と、背丈は2.5~3mくらいでした。

大きすぎます。

球根自体の大きさは、そんなに大きくないので、早めに植えて根をしっかりと張らせることが重要。

植える場所は、この背の高さですから、花が咲いた時のことを想定して選ぶべきですね。

また、挿し木でも増やせるようなので、花後の茎を分けてもらうのも良いでしょう。

ダリアで、この背の高さは違和感がありますが、同じキク科のヒマワリみたいなものだと思えば、まあ、納得も出来ますね。

あと、矮化剤を使うと、どの程度まで効果があるかは不明ですが、それだと、結局のところ、普通のダリアと変わらなくなってしまうので、価値は減るのでしょう。

以前は、あまり見なかったことを考えると、今後、さらに普及し、見る機会は増えていきそうです。

植える場所は先の通り、限られていますが。。。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

プーさんの靴下

Photo_2下の記事に続いてのディズニーの話題。

こちらは、家内が韓国土産で頂いた、プーさんの靴下。

日本国内でも、こちらを含む、様々なデザインのものが販売されているのを見ますが、実はこれは韓国製で、現地では信じられないくらいに安く売っているそうです。

※日本でも「2~3足でいくら」と相当、安かったはずですが。。。

耳の部分がしっかりと作られている点がセールスポイント。

ただ、これを履いてしまうと、顔の部分が伸びてしまって、「大きなプーさん」となってしまいそうですが(笑)。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

東京ディズニーリゾート!

Dl110928_2東京ディズニーリゾートのお土産で頂きました。

両端はクランチチョコで、何度か頂いて食べたことがあります。

そして、真ん中の2つは、チョコクリーム入りのマシュマロ。

これは初めて食べました。

上手く、中のマシュマロの色を使って、ミッキーとミニー(の幽霊?)を表現しています。

味の方も美味しく、しっかりと個別包装になっているので、お土産に最適かと。

さすがに、リピーターの多いところだけあって、こういうところも抜かりなしですね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/11

海外で見かけた注目の車(530)フォード・コーティナ?

1_3海外で見かけた注目の車」シリーズの第530回目。

「トルコ編(2011年)」です。

今日の車も、フォードの「タウナス」かなと思った車両なのですが、よく見るとフロントマスクが異なります。

また、リアのガーニッシュも異なっていて、ナンバープレートはバンパー側に移動し、加えて、トランク中央部が高くなっています。

その一方で、Cピラーが完全に同一。

ボディの骨格もほぼ同じです。

そして、肝心の部分ですが、残念ながら、リアのエンブレムは識別が不可能。。。

※観光バスに乗り込む際に見つけた車にて、フロントは遠方からの撮影。リアは通り過ぎる際にバスの中から撮影。

で、ここからは推測ですが、「タウナス」はビッグマイナーチェンジを行っているので、その前後モデルでの違い、

もしくは先の「タウナス」は「コーティナ」(Mk5)と兄弟車の関係にあったので、そちらの可能性。

このあたりは、2台の車の後ろ姿の写真を確認したいのですが、なかなか見つからず、もう少し「宿題」として調べることに致します。 _(._.)_

(2012年1月8日追記)

vasutfanさんからの情報により、本文中でも書いている「タウナス」の後期型であることが判明しました。

vasutfanさん、ありがとうございました。

なお、そうなると、下記の記事の4台目の車と同じ車種ということもなりますが、見たところ、若干の違いあり。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/12/5604_9c0a.html

同じ点は、ボディ形状、サイドモール、ヘッドライト、テールランプ等。

一方、異なるのは、フロントグリルや、Bピラー&Cピラーがボディ同色な点。

この差異については、地域による仕様の異なるものが、中古車としてトルコに入って来たことが原因ではないかと推測します。

トルコでは車の価格が高いため、古い車がたくさん走っていますが、それは同時に他の地域では価格が付きにくくなった古めの車でも売り易い、ということを意味しますので。

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

トルコ旅行記(122)トルコのおばんざい?

P7090817トルコ旅行記」の第122回目。

旅行7日目(現地6日目)の夕食です。

いよいよ帰国も近付き、現地での最後の食事ですね。

ここで、まず、出たのがメゼと呼ばれる前菜料理。

※写真の1段目と2段目。

前菜とは言っても、味もしっかりとしていて、ボリュームもあるので、おばんざいのような感じです。

特に、写真2段目左側、その中の左の皿の料理は「ヤプラック・ドルマス」と呼ばれる料理で、ぶどうの葉でミンチ肉や米を混ぜた具を巻いてあって美味しかったです。

写真の3段目ですが、左はトルコ風の春巻き。

メゼを取り分けている皿に、揚げたてのものがサーブされました。

次に右ですが、イカのフライ。

タルタルソースが付いていて、これは日本で頂くのと同じ感覚。

ちなみに現地名は「カラマル・タワ」と言うそうです。

写真4段目がメインの白身魚入りのスープ。

そして、デザートはフルーツの盛り合わせでした。

現地最終日の夕食で、こういう、おばんざい的なメニュー。

「白ごはんに合いそう」なんてことを少し考えてしまいました(笑)。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

ロータスコレクション(4)

Boss4サントリーの缶コーヒー、「BOSSレインボーブレンド」に付いくる「ロータスコレクション」。

さらに、2缶に1個付属の残り3台を確保し、これにてコンプリートです。

実は、こちらを扱っているコンビニが少なくて苦労しました。。。

※4店を回りました。

今回は、写真左から「1985年 Team Lotus 97T」、「1987年 Team Lotus 99T」、「2011年 Lotus Renault GP R31」です。

特に、A.セナ選手、中嶋悟選手が乗っていたキャメルカラーの「99T」は良いですね!

エンジンもホンダですし。

他、今回のミニカー自体の評価ですが、これも凄く良いと思います。

まず、精巧さですが、タイヤの側面にブランドも印刷されていて秀逸。

そして、この形ながら、プルバックカー使用。

これは、プルバックの仕組みが小型化されたのが大きいですね。

もう1方の、1缶に1個付属の方の大きさでも、これが組込めるのですから。

私は、これらを走らせて楽しむことはないですが、小さな子供達に「車好き」になってもらうため、こういうポイントは重要だと思います!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

YOKU MOKU のチョコレートクッキー

Photoこちらは、YOKU MOKU(ヨックモック)のチョコレートクッキー。

サクサクと上品なクッキーに美味しいミルクチョコレートをプラス。

何個でも食べられそうな美味しさです。

こういう組み合わせのものを食べると、同じく、同様のコラボである、北海道銘菓、「白い恋人」なんかも欲しくなりますね。

誰か北海道に行かないでしょうか?(笑)

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

グァバ プレンド100

100_2ちょっと変わったジュースを見つけました。

スジャータの「グァバ プレンド100」です。

濃縮還元で果汁100%。

ブレンドと言うことで、入っているのは、グァバ(うち、ピンクグァバ50%)、ぶどう、りんご、レモン、カシス。

さわやかな甘さと酸味のバランスが良く、しっかりとグァバの味を感じ取ることが出来るブレンドとなっていますね。

惜しいのは、200ml しか入っていないこと。

ただ、これも大容量で1個当たりの価格が上昇するよりは良いのかも知れません。

他、エネルギー量は、52.5kcal/100ml です。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/10

フォード・マスタングのカタログ入手

Photo_7昨日、一昨日とフォードの「マスタング」風の車の記事を書いたのですが、たまたま、その話をフォードの営業さんと電話で話したところ、ポストにカタログが入っておりました。

※いつも、ありがとうございます。

現行型は2005年から販売している6代目モデル。

大きさですが、全長4785mm、全幅1880mm、全高1415mm。

搭載されるエンジンは以下の2種類。

  V8-DOHC-5L ・・・418ps/6500rpm、53.9kgm/4250rpm

  V6-DOHC-3.7L・・・309ps/6500rpm、38.7kgm/4250rpm

これらをFR駆動、6ATで操ります。

また、特別仕様車として、V8エンジン搭載車に「Performance Package」というグレードがありますが、こちらだと6MT。

これだけトルクフルなエンジンに6MTが必要なのか?

とも思いますが、アメリカでは、そういうケースもあるのでしょう。

さて、気になる価格ですが、次の通り。

  V6クーペ                 ・・・430万円

  V8クーペ            ・・・500万円

  V8コンバーチブル     ・・・570万円

  V8Performance Package・・・530万円   ※いずれも税込。

こうやって見ると、日産の「GT-R」やレクサスの「IS-F」に比べると非常に安いですね。

では、現実的なところで、V6搭載車を、同じくV6-3.7L-FR、4人乗りの「スカイラインクーペ(370GT」と比べてみると、こんな感じです。

  大きさ:全長4665mm、全幅1820mm、全高1390mm

  エンジン:333ps/7000rpm、37kgm/5200rpm

  価格:442.1万円

以上のように、非常に良い勝負。

スカイラインクーペ」は、このグレード以外に「Aパッケージ」という廉価グレードがあったり、さらにセットオプションを付けた高額グレードがあります(最高額501.9万円)。

一方の「マスタング」もオプションを付けていけば、価格は上がりますから、そのあたりでも良い勝負となりそうです。

マスタング」を買うとなると、スタイリングも含め、個性やブランドを買う意味でもあるので、あまり、悩むケースはないと思いますが。。。

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

三菱のミラージュが復活!

Mirage三菱の「ミラージュ」が復活するようです。

かつては、1.6Lクラスくらいの車でしたが、今度は小型化。

日産の「マーチ」と同様にタイで生産し、コストを抑えると共に、低燃費車を目指すようです。

まず、海外使用ですが、1.2Lエンジン搭載で、燃費:25km/L程。

また、日本国内用では、エンジンは敢えて、排気量1Lとして、燃費:30km/Lを狙っていくもよう。

このパターンだと、マツダの「デミオ」が排気量1.3Lのアイドリングストップ機構付きで、25km/L(JC08モード)を達成していますから、そこより少し良い数値となりそうですね。

※10・15モードでは、30km/L。

それでいて、「ミラージュ」の価格は100万円程度。

先の「デミオ」は140万円ですから、これは大きな差。

ダイハツの「ミラ イース」が燃費:30km/L(JC08モード)にて、79.5~122万円(4WD含む)なので、「燃費重視で安い車が欲しいけど、軽自動車はちょっと。。。」という人に売れそうです。

他、三菱の中の車格としては、「コルト」より1つ小さい側。

かつての「ミラージュ」を知っている状況からすると、違和感がありますが、数が売れれば、慣れてくるのでしょうね。

(2011年11月13日追記/日本国内仕様に関する情報)

ボディサイズ:全長3710mm、全幅1665mm、全高1490mm

エンジン:直3-1L、アイドリングストップ機構付き

トランスミッション:CVT

タイヤサイズ:165/65R14

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

海外で見かけた注目の車(529)フォード・タウナス

3海外で見かけた注目の車」シリーズの第529回目。

「トルコ編(2011年)」です。

今日の車は、フォードの「タウナス」(もしくはタウヌス)。

個性的なヘッドライトが有名なMシリーズの初代モデルは一度見ると、忘れられないデザインです。

実はそちらは以前、「日本自動車博物館」の記事で書いております(下記アドレス)。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/08/67_fdd8.html

一方のこちらは「マーク3」と呼ばれるモデルで、1976年~1982年に販売されました。

エンブレムの写真も撮っていますが、ご覧の通り、1.6Lエンジンを積んでいるようです。

と言うことは、直4エンジンですね。

この車は、他にも2~3台を見ましたので、トルコでも相当、売れたということでしょう。

色はなぜか、全て、こちらと同じ紺色でした。

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

トルコ旅行記(121)トプカプ宮殿

P7090805トルコ旅行記」の第121回目。

最後の観光場所は「トプカプ宮殿」。

ここには「謁見の間」があったり、様々な宝飾物、武器等が多数、展示されており、流しながら見ていても相当のボリュームです。

ただし、いずれも撮影不可。

ということで、中庭の写真を。

各部屋は凄い人の数、かつ、冷房も効いていないので、途中からはかなりバテました。。。

個人的には午前中の涼しい間に見学をするのがベストだと思います。

ちなみに、この撮影時間は現地時間の17:43。

まだまだ、明るいですね。

この後は、夕食、そして、深夜の便にて帰国です。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

ロータスコレクション(3)

Boss3サントリーの缶コーヒー、「BOSSレインボーブレンド」に付いくる「ロータスコレクション」。

今日は、2缶に1個付属の方の6台中の3台です。

こちらはF1カーということで、写真左から「1972年 Team Lotus 72D」、「1978年 Team Lotus 79」、「1980年 Team Lotus 81」となります。

私は、この頃のF1には詳しくない(さらには見ていない)ので、懐かしさ等は感じませんが、現在のエアロダイナミクスをつきつめた車体と比べると、デザインが直線的で驚きます。

逆に言えば、それだけ、ここまでの進歩が劇的であるとも考えられますね。

一方で市販車の基本的なデザインは、そんなに変わっていないとも言えます。

これは、市販車が速さだけを追求している訳ではないからでしょう。

ハイブリッドカーや電気自動車の登場で、今後は「エンジンで動くこと」が普通ではない時代が来るかも知れませんが、そういう変化が増えていくのでしょうね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

プリウスα のミニカー

Prius下の記事の「bjリーグ観戦」ですが、そのハーフタイムのイベントで、観客によるフリースロー挑戦のようなものがありました。

その参加賞がこちら。

何と「プリウスα」のミニカー(キーホルダー?)。

もちろんと言うか、私が挑戦をした訳ではなく、一緒に行った友人の、さらに友達の知り合いが参加をされていたので、ミニカーのみ、撮影をさせて頂きました。

ということで、ケースから出させて頂く訳にはいかず、こういう状態の写真です。

この参加賞ですが、ネッツトヨタ京都がスポンサーになっているからのようですね。

そう言えば、以前、「プリウス・京都ハンナリーズ仕様」も撮影しました(下記アドレス)。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/10/post_4b98.html

プリウスα」の「京都ハンナリーズ仕様」も作られる気がしますが、車自体が大人気で納車に時間が掛かっている状態なので、それが一段落してからでしょうね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

bjリーグ観戦!

Pb100033今日は友人に誘われて、仕事帰りにプロバスケットボール(bjリーグ)の観戦に行って来ました。

対戦は、京都ハンナリーズ vs 大分ヒートデビルズ

もちろん、私達は地元の京都の応援です。

会場での撮影はフラッシュ禁止のため、試合中の撮影はないですが、ベンチが目の前にあったので、結構、選手の表情などが分かりました。

また、パネル(?)を使った人文字もあって感心しました。

さらに、写真3枚目のネコ。

はんにゃりん」というそうですが、かなり動きが素早いです。

この写真は観客席に来た時のものですが、チアの人達と一緒に踊っていたりしました。。。

さて、試合の方は一進一退の攻防が続き、最後の最後は、相手に3ポイントシュートを決められると同点、といったところまでありましたが、何とか、そのチャンスもなくして勝利!

こういう勝ち方だと、本当に盛り上がりますね。

バスケットボールは野球やサッカーと違って、本当に目の前で競技をしている感じなので臨場感は抜群。

あと、観客が帰る時も選手の何名かが見送りのハイタッチをしたりと、サービスも満点でした。

今年で確か参入3年目と思いますが、京都に根付くと共に、成績も上位を狙って頂きたいですね!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

小山ロール

1111102家内が「小山ロール」を買って来ました。

何でも大人気で、なかなか、手に入らないとのこと。

今回も、まず、朝一番に並んで、整理券を確保。

その数時間後に再び、売り場に出向いて、やっと購入が出来たそうです。

さて、気になる味の方ですが、ケーキはふんわり。

そこに、同じくふわっとしたクリームが重なります。

共に柔らかく、軽い感じなので、そのまま1本を食べ切れそうにも思えるくらい。

また、今回のものは秋限定なのか、栗が入っていました。

もちろん、この栗も美味しかったです。

人気商品とのことで、次に、いつ食べることが出来るかは不明ですが、「並んでまで買う価値」はあると思いますね!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

海苔巻ミックス

Photoこちらは「海苔巻ミックス」という、おかき。

たまには、こういう醤油系のお菓子も食べたくなりますね。

こちらの特長は、5つの種類が入っていること。

さらに「Wのおいしさ」として、「焼のり巻」と「黒のり巻」が入っています。

これらのおかげで、味に変化が付くので、飽きることなく、ついつい食べ続けてしまいます。

それもメーカーの作戦?

と言うか、それは美味しさがあってのことなので、そうなるのは幸せなことなのだと思います。

あくまでも食べ過ぎには注意ですが(笑)。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

トロピカーナ・飲みごたえ とろあまブレンド バナナ味

Photo_8キリンの「トロピカーナ・飲みごたえ とろあまブレンド バナナ味」。

味としては、りんご、マンゴー、バナナにハチミツで、果汁70%。

具体的にはりんご果汁にマンゴーピューレとバナナピューレを加えているようです。

これにて、とろみが出て、「飲みごたえ 」も感じることが出来るのでしょう。

味の方ですが、商品名の通り、バナナが一番強いですね。

ただ、マンゴーの風味やりんごの味もあって、ミックスジュースであることも意識出来ます。

ちなみに、果汁が70%もありますから、エネルギー量も54kcal/100ml と高め。

そして、350ml入りです。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/09

海外で見かけた注目の車(528)フォード・マスタングワゴン?

Photo_4海外で見かけた注目の車」シリーズの第528回目。

「トルコ編(2011年)」です。

今日も、フォードの「マスタング」に似た車。

しかもワゴンです!

それが写真上の車ですが、フロントグリルに輝く馬のエンブレム。

私は反射的に「マスタング!」と思ったのですが、「何世代目のモデル???」、

しかもワゴン車。。。

で、色々と考えてみた上での結論は以下のもの。

ベースはトファシュ社の「カルタル」というワゴン車。

その証拠に写真中段の車と、ヘッドランプやメッシュ付きフォグが設置されたフロントパンパーが同じです。

そして、ヘッドライトは同じくトファシュ社の「ドアン」の1グレード、もしくは社外品を付けたと思われる車と同じです(写真下)。

と言うことで、「カルタル」をベースにヘッドライトユニットを交換し、グリルに「マスタング」のエンブレムを付けたということですね。

日本でも、たまにMベンツのエンブレムを付けた、国産のセダンを見ますが、あれと同じ感覚でしょう。

国が違っても、そういうところは同じものですね(笑)。

トファシュ社の各モデルの記事は下記のアドレスよりどうぞ。

カルタル」:

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/09/476_2bde.html

ドアン」:

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/09/473_285e.html

ドアン改?」:

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/09/474_4578.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

トルコ旅行記(120)リッツカールトン

P7090737トルコ旅行記」の第120回目。

さて、現地最終日の自由時間を終え、集合場所のホテルに戻ることに。

その帰路、ホテルの全体が見えたので撮影。

そう言えば、まだ、外観全体は写真に撮っていませんでした。

こんなところに泊まっていたんですね。

良い記念になりました!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

ロータスコレクション(2)

Boss2サントリーの缶コーヒー、「BOSSレインボーブレンド」に付いくる「ロータスコレクション」。

今回は、1缶に1個付属の方の残り5台です。」、

車種は写真の左から、「1980年 エスプリターボ」、「2006年 エクシージS」、「2006年 ヨーロッパS」、「2008年 エヴォーラ」、「2008年 エリーゼSC」です。

エリーゼ系(エクシージを含む)のミニカーは、よく見ますが、それ以外は貴重ですね。

今回の5台も色が変わるということで、それぞれ左から「赤→オレンジ」、「黒→オレンジ」、「濃緑→青」、「黒→緑」、「オレンジ→黄色」となるそうです。

前回の4台も含め、色の変わり方が重複していないのも素晴らしい点。

このあたりは許可を出しているロータスからも、色に関する注文が出ているような気がしますね。

さて、これにて、1缶に1台付属の方はコンプリート。

明日は2缶に1台の方を確保します!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

和風スイートポテト

Photo_6コンビニで見つけた「和風スイートポテト」という和菓子。

先日も「スイートポテト」を食べましたが(下記アドレス)、そういう時にいつも考えてしまうのは、「スイートポテト芋羊羹の境界線」についてです。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/11/post_9b38.html

これは両者の味や食感に共通点が多いように思うからなのですが、そんな中、見つけたのがこちらの商品。

芋羊羹」と同じく「和」です。

で、食べてみましたが、「スイートポテト」なのは、いわゆる皮の部分だけで、あとは白餡の饅頭でした。。。

結局のところ、白いんげん豆を使った餡があると、そちらが勝ち過ぎてしまうということ。

まあ、この商品は、私の疑問を解決するもの、つまり、、「スイートポテト」と「芋羊羹」を結ぶ直線状になかったというだけのことなので、また、こういうものを探していこうと思います!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

マキシム・木苺ラテベース

Photo_5こちらは味の素の「マキシム・木苺ラテベース」。

以前、記事にした「マキシム・木苺ラテ」(下記アドレス)のポーションタイプで、実質的にはアイス用なのでしょう。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/09/post_f63e.html

冬場に向かう時期のためか、100円ショップにて、2個で100円でした。

前回、ホットのものが美味しかったので、もちろん購入!

最近は冬場でも冷たいものを飲みますし、ホット用にも使えないことはないでしょう。

ちなみに、先日の「ちびサンダー・ブラックベリー」(下記アドレス)は無果汁でしたが、こちらには原材料に、しっかりと「ラズベリー果汁」が入っていました。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/11/post_0100.html

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/08

海外で見かけた注目の車(527)フォード・マスタング?

1_2海外で見かけた注目の車」シリーズの第527回目。

「トルコ編(2011年)」です。

今日は、フォードの「マスタング」に似た車。

※こちらも観光バスからの撮影なので、非常に分かりにくい写真となっていますが、ご容赦下さい。

この車を見つけた時には、「初代のマスタング?」くらいに思っていたのですが、それにしてはボディの凹凸が少ないのと、よく見れば4ドア。

ただ、その時代(1960年代後半~70年代)のアメリカの車であることは間違いなさそうです。

情報をお持ちの方はコメント欄まで、お願い致します。 _(._.)_

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

トルコ旅行記(119)トウモロコシとトルコアイス

P7090682トルコ旅行記」の第119回目。

お昼時となりましたが、やはりと言うか、作戦通り、朝食を目一杯、食べたので、そんなにお腹は空かず。。。

と言うことで、ずっと、気になっていたトウモロコシを食べることに。

1本の価格は1TL(トルコリラ、約55円)。

焼いたものと、茹でたものがありますが、(日本の)日々の生活の中では確保しにくい「焼き」の方にしました。

トウモロコシですが、ご覧の通り、大きめで、実もギュッと詰まっています。

食べてみると、甘みのある味で美味しい。

ただ、日本人としては「醤油」が欲しくなります(笑)。

食事に付いてくる「ピラウ」(松の実入りのバターライス)もそうですが、結構、「醤油」が恋しくなるメニューが多いですね。

次にトルコに行くことがあれば、お寿司なんかに付いてくる小さな醤油のパックを持っていくのが良いかも知れません。

P7090690あと、こちらはデザートの「トルコアイス」。

パフォーマンスが長くて、かなり溶けてしまっています。

「ガラタ橋」近辺のトルコアイスの屋台は「パフォーマンス代」を取ろうとして、パフォーマンスの時間が長めです。。。

時間がない時は、「No Time!」と言って、さっさと購入する方が良いと思いますね。

ちなみに肝心の「味」の方は最高なので、そちらは心配なしです!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

ロータスコレクション(1)

Boss1以前、事前情報として、お知らせをしていましたが(下記アドレス)、今日から「ロータスコレクション」が開始となりました。

サントリーの缶コーヒー、「BOSSレインボーブレンド」に付いて来ますが、そのタイプは大きく分けて2つ。

一方は2缶に1個付属のF1カー、もう一方は1缶に1個付属の市販スポーツカーです。

特に今回は後者の方が「色が変わる」とのことで、まず4台をゲット!

車種は、左から「1957年 エリートS1」、「1965年 エランS3」、「1966年 ヨーロッパS1」、「1974年 エリート」です。

さて、色の変化ですが、下の写真の通り。

27℃以下では左の赤色、これを手で温めると右側の白っぽい色となりました。

細かな原理は分かりませんが、温度計等で色が変わることで、数字や文字を表示させるものがありますが、同じようなものでしょうか?

こちらは樹脂自体の色が変わっているので、少し違うのかも知れません。

ただ、この手の技術が缶コーヒーのおまけに利用出来るほど、コストが下がっているのは凄いと思います。

もう少しすれば、このようなミニカーではなく、実際の車の車体にも採用されるかも知れませんね。

以前、書いた事前情報の記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/11/boss_df62.html

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

でっかいコッペパン

Photo_3なつかしの「コッペパン」を発見!

ヤマザキの「でっかいコッペパン・カスタード&ホイップ」です。

ただ、名前だけはよく覚えているものの、味の方の印象はありません。。。

よって、こちらについても、思い出の分は上乗せしないで、純粋に味の評価をすることになりますね。

で、その味ですが、柔らかいパンにカスタードとホイップクリームがサンドされ、普通に美味しい(笑)。

パンが大きくて、食べ応えがあるのも好印象です。

それにしても「大きなコッペパン」ではなく、「でっかいコッペペン」というネーミングなのも特徴的ですね!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

ライチの囁き

Photoこちらはコンビニで見つけた「ライチの囁き」(タカナシ)。

囁き」(ささやき)という漢字を、初めて、意識しました。

つまり、「囁く」は、口1つに対して、耳が3倍必要なくらいの小さな声という意味ですね。

勉強になりました!

さて、こちらですが、果汁10%未満。

エネルギー量は46kcal/100ml と少し高めです。

味の方ですが、果汁も多いためか「ライチ」の味がしっかりと付いています。

この味のジュースは少ないので貴重ですね!

飲みたい方はお早めに。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/07

海外で見かけた注目の車(526)フォード・フォーカスセダン<2nd>

Photo海外で見かけた注目の車」シリーズの第526回目。

「トルコ編(2011年)」です。

今日の車は、フォードの「フォーカス」。

その2代目モデルのセダンです。

フォーカス」と言えば、WRCのラリーにも出場していたハッチバック車が有名ですが、ご覧のようにセダンも有り。

これまでも記事に書いてきた通り、トルコではセダンが多いので、フォードとしても、このモデルを投入しない訳はないですね。

この2代目モデルは2005年~2010年に販売されました。

写真の方は、またもや後方からのみ。

ちょうど、岸壁に向かってギリギリに停めてあったため、前方からの撮影は不可能でした。。。

フロント部のデザインですが、過去の記事からご覧頂けます。

まず、2代目前期型は、同じくセダンをアラスカで見ていますので、そちらの記事を。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2008/07/post_ad86.html

また、2代目後期型は、ワゴンモデルをオーストリアで見ています。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/11/306_9c64.html

後期型については、昨日の「フィエスタ」などもフロントは同系統のデザイン。

シャープなヘッドライトが格好良いと思います。

フォーカス」はフォード内ではコンパクトカーの扱い。

そして、グループ企業であるマツダとの競合を避けるためか、日本への積極的な導入は減っていますが、価格さえ妥当なラインに収めれば、魅力的な車であると思います。

そこが一番、難しいのかも知れませんが。。。

追伸:この車両ですが、エンブレムの「f」が外れて「ocus」になっていました(笑)。

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

トルコ旅行記(118)ガラタ塔

P7090664トルコ旅行記」の第118回目。

「ガラタ橋」を渡ったところで、「ガラタ塔」を見てみると、こんな感じ。

昨日までは、意識をして見ていなかったのですが、先程、上ったばかりだと、「明らかに、ここだ!」というのが分かるので良いですね!

なお、「ガラタ塔」を近くで見た時、また、展望台からの景色は下記の記事をご覧下さい。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/11/113_9586.html

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

花水木の紅葉

Photo_3こちらも昨日の伏見の記事の続きとなりますが、紅葉した「花水木」の葉。

紅葉(こうよう)の本家である「紅葉(もみじ)」は、まだ色付き始めといったところですが、こちらは良い感じですね。

京都の紅葉の状況ですが、まだ、青葉~色付き始め、といったところ。

見頃は1~2週間後でしょうね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

ちびサンダー・ブラックベリー

Photo_4ユーラクの「ブラックサンダー」の姉妹品。

ちびサンダー・ブラックベリー」です。

普通だと、「ストロベリー」にするとか、同じキイチゴ類でも「ラズベリー」の方が有名ですが、ベースが「ブラックサンダー」だけに「ブラックベリー」なのでしょう。

ちなみ「フルーツ香料使用」にて、本物の「ブラックベリー」は入っておりません。。。

味の方は酸味の効いたイチゴ味で、こちら系の味が食べたい時には便利な逸品となりそうです。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

ナチュライ

1サントリーから発売されたイオン補給飲料、「ナチュライNATURAi)」。

最後の「i」だけ小文字なのが、今風な気がします。

この商品のセールスポイントは「天然素材」。

原材料名は、果汁(グレープフルーツ、レモン)、果糖、はちみつ、食塩、海藻エキス、黒糖蜜、ゆずピール、レモンピール、クレープフルーツ香料。

これらにより製造されている訳ですが、面白いなと思ったのは、以下の表記です。

「中味の色は、天然素材由来のものです。天然素材だけを使用しておりますので、液色に差が出ることがあります。」

つまり、製造の時期やロットによって違う色になることも有り。

例えば、実際の売り場で、隣合った2本が違う色だと驚きますが、そういうことへのリスクヘッジという訳ですね。

味の方ですが、「ポカリスエット」や「アクエリアス」より薄味、もう少し水に近い感じでしょうか。

あと、栄養成分表示(100mlあたり)も見ておきましょう。

  • エネルギー:18kcal
  • たんぱく質:0g
  • 脂質:0g
  • 炭水化物:4.5g
  • ナトリウム:40mg
  • カリウム:5~20mg
  • カルシウム:0.2~1.0mg
  • マグネシウム:0.2~1.0mg
  • クエン酸:100mg

大半のイオン類にバラつきがあるのも、天然素材ゆえでしょうね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/06

プリウスPHVの燃費は61km/L!?

Phv_2トヨタの「プリウスPHV(プラグインハイブリッド)」の詳細スペックが明らかになってきました。

PHV(プラグインハイブリッド)」とは、家庭などで充電が可能なハイブリッドカー。

従来のハイブリッドは走行中に生じた電気を蓄えて再利用することで燃費を向上させていましたが、「PHV」だと、それ以外に別途、充電をしておき、フル充電の状態から車を使い出せるため、使用するガソリン量が激減します。

従来の「プリウス」のニッケル水素電池から変更・採用したリチウムイオン電池の容量は5.2kWh。

これにフル充電した際に使用するガソリン量(だけ)からの燃費だと、何と61km/Lとなるそうです。

これは従来の「プリウス」の2倍近い数値。

ただ、これにはカラクリがあって、(フル充電ゆえの)電池のみでの走行が「26.4km分」、含まれています。

つまり、そこには、別途、電気代が掛かっている訳で、そのまま、比較をするのはフェアではありませんね。

で、その電気代ですが、以前、記事にした時の情報(下記アドレス)だと、「オール電化×深夜割引」×「電池容量:5.2kWh」の条件では、38.45円。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/07/post_4f7b.html

これで、先の「26.4km分」を走れるとなると、かなり安いです。

実質的に、日々の買い物等の利用では走行距離が20km/L以下の人も多いはず。

そういう使い方の人にとって、「プリウスPHV」は電気自動車となってしまう訳です。

一方で、遠出をする際にはガソリンでも走ることが出来るので、安心感も絶大。

車の様々な用途を考えると、現在の技術では「PHV」という手法がベストな選択なのかも知れませんね。

そう言えば、アメリカのシボレーが開発した「ボルト」。

当初、「電気自動車」として発表された「ボルト」も、エンジンを搭載していることが判明し、「発電機付き電気自動車」という微妙な表現がうまれましたが、あれもアメリカの広大な国土での利用を考えれば、妥当であったように思います。

つまり、「荒野の果て(?)で電池切れになることを想像すると使い勝手が悪い」という懸念に対する「保険」でもある訳ですね。

それを考慮すると、「プリウスPHV」と「ボルト」は、使用方法の上では、極めて性格が近い車と言えそうです。

なお、「PHV」の有効利用のためには「自宅用充電設備」があると便利です。

この費用についても、上記のオレンジ色のリンク先に記載していますので、興味がある方はご覧下さい。

それにしても、近い将来には、『「プリウスPHV」に乗っているけど、この1~2年、ガソリンスタンドに行っていない』、なんて人も出てくるかも知れませんね(笑)。

※たまにはエンジンを始動した方が、車のために良いと思いますが。。。

シボレーの「ボルト」の関連記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/06/cm_0656.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

新型シーマはハイブリッド専用車種で来年発売!

2010年8月に販売を停止していた、日産の「シーマ」がハイブリッド専用車種として復活するようです。

同社の「フーガ ハイブリッド」がベースになることも発表済みで、そこから全長と室内を広げ、外観や室内の高級感をアップさせるとのこと。

この情報で、おおよそのスペックや方向性が見えて来ます。

まず、駆動系については、レクサスの「LS600h/LS600hL」を見据えれば、V8-4.5~5Lエンジン+モーターとしたいところですが、この時期の発表、および、来春発売という期間を考えれば、まずは、「フーガ ハイブリッド」と同じく、V6-3.5L+モーターで発売をし、後にV8バージョン追加となるように思います。

次に大きさですが、実は「フーガ ハイブリッド」も、相当な大きさで、以下の通り。

  全長4945mm、全幅1845mm、全高1500mm、ホイールベース2900mm

そして、2010年8月に販売を停止した「シーマ」の4代目モデルはこちら。

  全長5120mm、全幅1845mm、全高1490mm、ホイールベース2870mm ※前期型は全長4995mm

つまり、フロント部の造形を変更し、押し出し感+伸びやかなデザインとして、Aピラーより前を伸ばしてしまえば、「シーマ」として、遜色のない大きさは手に入る訳です。

元々、「シーマ」にはV6エンジン搭載車もラインナップしていましたから、ハイブリッドであることも含め、V8エンジンでなくとも問題なし。

ただ、高級車、さらに日産のフラッグシップということを考えれば、以下の変更もあるかも知れません。

   1.Cピラー以降の延長、つまり、トランクの増大化

   2.ホイールベースの延長、実質的には、後部座席の拡大化

さて、価格の方ですが、これも大胆に予測をしてみましょう。

そのためには、まず、似たような大きさのハイブリッド車の価格をチェック。

   「フーガ ハイブリッド」          :577.5万円

   「フーガ ハイブリッド VIP Package」:642.56万円

   レクサス「GS450h」           :697万円~

   レクサス「LS600h」           :1,000万円~   ※いずれも税込価格

   注)「GS450h」は発表済みの次期型ではなく、現行型です。

以上から考えると、新しい「シーマ」の価格は、標準車が750万円、パッケージ装着車が820万円くらいになるではないかと考えます。

このあたり、あくまでも素人の予測にて、外れることもあるかと思いますがご容赦下さい。

なお、さらなる詳細は12月2日からの「東京モーターショー2011」で発表されるはず。

そちらを楽しみに待つとしましょう!

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

日本カーオブザイヤー候補車10台が確定

いよいよ今年の「日本カーオブザイヤー」の決定が迫って来ましたが、その候補車の10台が発表されました。

  • トヨタ・プリウスα
  • 日産・リーフ
  • ホンダ・フィットシャトル
  • マツダ・デミオ
  • ダイハツ・ミラ イース
  • Mベンツ・Cクラス
  • BMW・1シリーズ
  • VW・パサート
  • プジョー・508
  • ボルボ・S60/V60

こうやって見ると、トヨタは「カムリ」な気がしますし、ホンダは「フィット ハイブリッド」であるように思います。

しかしながら、この賞は昔から政治力的なものが関係していそうな賞なので、「あれっ?」と思う車が入っていることもしばしば。

そもそも、1メーカーから2台以上が選ばれてはいけないとの規定もないはずですし。。。

まあ、そういう点も含めつつ、カーオブザイヤーですが、トヨタ、日産、ホンダのいずれかの車が取るのではないかと思います。

個人的には「ミラ イース」に取って欲しいですが、これにはトヨタの後押しが必要でしょう。

あと、「デミオ」は「RJCカーオブザイヤー」を取りそうな気がしますね。

お楽しみの発表は、「東京モーターショー2011」の一般公開日である12月3日です!

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

海外で見かけた注目の車(525)フォード・フィエスタ

Mk6海外で見かけた注目の車」シリーズの第525回目。

「トルコ編(2011年)」です。

今日の車は、フォードの「フィエスタ」。

1976年に初代モデルが発売され、この写真の車は4世代目。

初代モデルと2代目モデルでは、ビッグマイナーチェンジがあり、それらを「MK1/MK2」、「MK3/MK4」と呼ぶため、この4代目モデルは「MK6」とも呼ばれます。

※3代目モデルは「MK5」。

「MK6」は2008年からの販売。

こちらの写真も観光バスからの撮影のため、リアしか分かりませんが、フロント部は最近のフォードのデザインそのもので、非常にシャープに仕上がっています。

リアの方は、初代の「フォーカス」あたりから取り入れられた少し上向きのテールランプ。

設置位置も車体の上方にあって、後方からの視認性を高めています。

フォード製のコンパクトカーということで、走りのイメージが想像しにくいですが、ヨーロッパで人気を博していることから、キビキビと走ってくれる車であることは間違いないでしょう。

また、3代目モデルからはラリーにも使用されており、その面での人気もあるようです。

良い車なので、日本でも正規輸入をすれば、売れそうな気がしますが、価格設定が難しいのでしょうね。

なお、「MK3」~「MK5」については、過去に記事にしていますので、興味のある方は、こちらからご覧下さい。

「MK3」:

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/04/mk3_7071.html

「MK4」:

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/04/60_9b32.html

「MK5」:

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/04/197mk6_a39a.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

トルコ旅行記(117)ガラタ橋の1階へ

P7090640トルコ旅行記」の第117回目。

何だかんだで、また、「ガラタ橋」を渡っています。

今度は、レストラン街のある1階部分から。

ご覧のように海が近いので、その紺碧の色を楽しむことが出来ます。

この先は船が通過するために1階部分はなし。

再び上の方(2階?地上部?)に戻らねばなりません。

「ガラタ橋」では、釣りをしている人が多いのですが、ここにも子供達が。

多くの釣り人がいて、皆さんが数多くの魚を釣り上げているので、余程、魚影が濃いのでしょう。

ここは「海峡」であり、水流があって、酸素も栄養源も豊か→プランクトンも豊富→魚も沢山!

という図式が成り立っているのでしょう。

あと、海が近くにない京都市に住んでいる立場としては、潮風が新鮮であり、幸せな気持ちになりますね。

なお、「ガラタ橋」の全景の写真はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/11/114_1bf2.html

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

京都・伏見の三十石船と鳥せいの弁当

Pb060010今日は伏見の「三十石船」に(無料で)乗せて頂けると言うことで、行って来ました。

写真左上が、その「三十石船」。

※この写真は乗る前の運航中のものを撮影。

右上が乗った後に船頭さん(?)を撮影したものです。

船は酒蔵のある水路を進み、「三栖閘門(みすごうもん)」(写真下段中、下段右)というところまで行って、帰ってきます。

この三栖閘門は宇治川と濠川という、水位の異なる2つの川で、船の行き来とするために、2つの水門で川を仕切り、ここに船を入れて、水位を上下させるところ。

有名な「パナマ運河」と同じ手法ですね。

船は片道15~20分といったところ。

まだ、紅葉には早かったのですが、その頃や桜の咲く時期は景色が綺麗だと思います。

あと、「三十石船」以外にも「十石船」というのもあります(写真右下に写っている船)。

こちらは「三十石船」の半分くらいの大きさで、以下のように異なります。

  「三十石船」・・・船底に腰を下ろす感じ。窓はなく、水に手が届く。

  「十石船」  ・・・椅子に腰かける感じ。ガラス窓あり。

「私は船に乗っている感」が強い「三十石船」の方が好きですが、両者の乗り場が異なり、「十石船」の方が酒蔵あたりでのベストポイントが多いと思いますね。

Photo_2さて、「三十石船」を降りた後は、「鳥せい」にて食事まで頂いてしまいました。

ここには何度か来たことがあるのですが、その時に食べたのは焼鳥や単品の料理、ラーメン等。

こういうお弁当風になったものは初めてですが、単品ではオーダーしないようなメニューが少しずつ入っていて良かったです。

これをきっかけに、次に来た時は、焼鳥以外にも色々、食べてみようと思います。

こういう感じでの楽しい数時間。

お誘い頂いた方に感謝致します。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

伏見の酒樽仕掛け時計

Pb060041下の記事からの続きですが、スタンプラリーにて散策をしていると、商店街にて「仕掛け時計」を発見!

多分ですが、1時間ごとに1回、人形が登場して踊るもようです。

私は最初から見ることが出来なかったので、終盤にかけての撮影ですが、最後は写真の2~3枚目の通りに撤収となり、酒樽と入れ替わります。

きっと、酒造メーカーの協賛等で運営されているのだと思いますが、観光客の方々向けには良いことだと思いますね。

※あと、小さな子供達も喜んでいました。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

京伏見 戦国・城下町まつり

Pb0600342つ上の記事の通り、伏見で「三十石船」に乗って来ましたが、今日は「京伏見 戦国・城下町まつり」という催しがあったようで、そのスタンプラリーにも参加して来ました。

これは伏見・桃山の名所6ポイントをまわって、スタンプを集めるもの。

写真上は、「十石船」。

見憶えがある景色だなと思ったら、何と、3年半ほど前に同じようなアングルで写真を撮っていました(下記アドレス)。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2008/06/post_70dd.html

写真下は、左が「御香宮」の神輿。

普段は公開していないそうです。

写真右側ですが、お馴染みの「寺田屋」。

観光客の方々があまりにも多かったので2階部分のみです。。。

そして、スタンプを全て集めて頂いた記念品。

白色LEDライト付きのボールペンと、綿棒セット。

「京伏見 戦国・城下町まつり」の文字が入っているので良い感じです。

こういう記念品は嬉しいですね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

なめらかクリームシュー

Fmsweets_2ファミリーマートで購入した「なめらかクリームシュー」。

これは「Sweets+」というブランドで、税込105円という安さ!

確か、以前から同様のもの、もしくは別のシリーズで同じ価格のものがあったはずですが、「新しいものを発見!」という理由で買ってみました。

まあ、「それを理由にしているけど、本当はシュークリームが食べたかっただけ」というのは、お見通しのことと思いますが(笑)。

105円で、大きくて、美味しいので、とてもお買い得ですね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

冬の贈り物

Photo先日、キリンの「冬麒麟」を記事にしましたが(下記アドレス)、こちらはアサヒの「冬の贈り物」。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/11/post_bd0b.html

秋限定のビールでは、「大手2社の缶のデザインが瓜二つ」とニュースになっていましたが、こちらは完全に異なりますね。

他に気になったのは「クリスタル麦芽 一部使用」との表記。

「クリスタル麦芽って何?」、「わざわざ一部と書くからには相当、厳格に管理をしている?」等々を考えました。

で、調べてみると。。。

「発芽後にローストをすることで麦芽に色がつき、甘い風味が出る」とのこと。

期間限定で有名な「琥珀エビス」なんかも、これを用いているみたいです。

そして、これは業界では完全に認識されているもの。

よって、「使用」ではなく、「一部使用」と正確に表示しているんですね。

後から考えると、どんな色合いかも見ておくべきでした。。。

それは、次のチャンスにということで(笑)。

ちなみに、アルコール分5%、エネルギー量は46kcal/100ml です。

2011/11/05

アイスマンがF1に復活?

インターネット等の記事によると、元F1のチャンピオンで、現在、WRCなどで活躍する、K.ライコネン選手が来シーズンよりF1に復帰をするそうです。

その所属チームは名門ウィリアムズ。

かつては、表彰台の常連チームでしたが、F1がメーカー主導のチームによる戦いになっていく中、徐々に勝てない状況に。

それでも、今シーズンはコスワースエンジンを搭載するチームの中では、唯一、中盤グループに入り、目立った活躍をしています。

それが、来シーズンからは、ルノーエンジンを獲得したことが発表されており、以前の「ウィリアムズ・ルノー」というコンビが復活をします。

K.ライコネン選手と言えば、S.シューマッハ選手の全盛期や、現在のS.ベッテル選手のような「安定した強さ」というよりも、「速い時(だけ)は誰も歯が立たない」というイメージ。

それが今シーズンにあった、5人のチャンピオン経験者のバトルに加え、さらにもう1人加わるといいことで楽しみ。

※K.ライコネン選手は2007年のチャンピオン。

現在のウィリアムズはトップチームでもなく、また、M.シューマッハ選手が苦労をしているように、そう簡単なものではないでしょうが、別のカテゴリーで経験を積んだK.ライコネン選手の走りがどう変わったかも含めて、非常に期待が出来ますね!

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

海外で見かけた注目の車(524)ハマー・H2

H2海外で見かけた注目の車」シリーズの第524回目。

「トルコ編(2011年)」です。

今日の車は、ハマーの「H2」。

※道路の反対側にいた車両のため、この角度のみですが、ご容赦下さい。

この車ですが、シボレーの「タホ」をベースとしており、軍用車ベースの「H1」風の外観をまとって、2002年に発売されました。

大きさですが、全長5171mm、全幅2062mm、全高2012mm、ホイールベースは3119mm。

車重は2903kg。

堂々たる大きさと重さです。

これに組み合わされるエンジンは、V8-OHV-6Lで、242ps/5200rpm、50.5kgm/4000rpm を発生します。

トランスミッションは4ATで、駆動方式は、もちろん、4WD。

街中から、オフロードまで快適に進めそうです。

悪路走破性では、「H1」には負けるのでしょうが、一般の人でそこまでの性能を求めるケースは、ごく少数。

よって、この車の登場となったのだと思いますね。

この大きなボディ、トルコでも、思いっきり目立っていました(笑)。

なお、以前、「H1」も記事にしていますので、興味がある方は下記アドレスよりご覧下さい。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/06/h1_0bda.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

トルコ旅行記(116)トルコのカラス

Karasuトルコ旅行記」の第116回目。

「ガラタ塔」からの眺めで「ガラタ橋」の方向は分かったので、裏道を通って、そちらの方向へ向かうことに。

その途中には、以前、記事の中で書いた「道具屋街」(下記アドレス)などもあって、非常に良い雰囲気でした。

さて、「ガラタ橋」の手前、岸壁沿いの広場で見つけた「カラス」ですが、何と、ツートンカラー。

最初は「カケス」かと思ったのですが、どうみても「カラス」です。

これまで、「カラス」=「黒色」だと思って生きてきたためか、これにはかなりの違和感を感じました。

こころなしか、ちょっとベストを着ている風にも見えて、スタイリッシュ。

「パンダ」が可愛く見えるのも、あのツートンカラーゆえと思いますが、「カラス」だとこうなるのですね!

※「パンダ」の目つきは結構、鋭いです。。。

あと、2枚の写真は「カモメ」。

成鳥と、今年、生まれた若鳥ですが、これは日本で見るものと同じでした。

それにしても、「カラス」の方は衝撃でしたね。。。(笑)

以前の記事は、こちらからご覧下さい。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/09/479serce_3910.html

スイートポテト

Photo_5以前、「スイートポテトドーナツ」(下記アドレス)というのを食べたのですが、どうも、「スイートポテト」っぽさに欠けていたので、本物が食べたいと、ずっと、思っておりました。

※ドーナツとしては、普通に美味しかったです!

で、見つけたのが、こちらの「スイートポテト」。

これもコンビニで発見したもので、こういう個別包装のものが、手軽、かつ、安価に買えるのは、とてもありがたいことですね。

「鹿児島県産 新芋」という表記もあり、食欲をそそります。

そう言えば、昔、小学校で、「鹿児島のシラス台地では、サツマイモの生産が盛んである」と習いましたね。

さて、味の方ですが、バターとポテトの風味がたっぷり。

「これぞ、求めていた味!」という感じでした。

大きさ的に言えば、もう1個、欲しいくらいでしたが、これくらいの方が、「次」への気持ちも残って良い気がしますね。

スイートポテトドーナツ」の記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/10/post_5c3b.html

※改めて、見てみると、こちら(上記アドレス)の商品のゴマは「大学いも」っぽい気もしますね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

バヤリース デミタスフルーツ・グレープチャージ

Photo_3コンビニで見つけた「バヤリース デミタスフルーツ・グレープチャージ」(アサヒ)。

フルーツを使ったジュースに「デミタス」という言葉を使ってくるとは思いませんでした。

果汁の方は、濃縮還元にて100%。

入っているのは、ぶどうの他、りんごレモンクランベリーカシス

飲んでみて思ったのは、ぶどうベースながら、クランベリーカシスの風味を感じることですね。

エネルギー量は、54kcal/100g。

また、パッケージにも表記のあるポリフェノールは、140mg/本(190g)、入っています。

この190gで気がつきましたが、この容器はボトル缶コーヒーで使用されているもの。

広口なので、飲む時にコーヒーの香りを楽しむことが出来ます。

今回は、わりと一気に飲んでしまったので、自分でもその点を意識していませんでしたが、次はじっくりと味わおうと思います!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/04

プジョー・208 発表!

208プジョーの「208」が来年、発売されますね。

もちろん、現行の「207」の後継車種。

特長は、フロントのデザイン。

すでに発売されている「508」(下記アドレス)と同じテイストの新しい「プジョー顔」です。

また、別の注目点としては「ダウンサイジング」があります。

207」に比べて、全長70mm、全高10mm を切り詰めています。

他に素材も見直して、車重でも、全グレード平均で110kgの軽量化をしました。

また、ガソリンエンジンでは、新たに3気筒ユニットを開発し、燃費の向上を図っています。

3気筒の1Lユニットでは、燃費は23.26km/L(欧州複合モード)。

加えて、従来からあるディーゼルエンジンでは、燃費29.42km/L。

これが、どれくらい凄いかと言うと、例えば、トヨタの「ヴィッツ」の欧州版である「ヤリス」。

こちらに搭載されるクリーンディーゼルは、直4-1.4Lの直墳ターボ(90ps、20.9kgm)で、燃費25.64km/L。

つまり、断トツの燃費の良さという訳で、斬新なデザインと共に注目の的となりそうです。

ドイツ車のダウンサイジングがどんどん進んでいますが、ついにフランス車も採用を開始しましたね。

一方、日本車はと言えば、マツダの「デミオ」が3代目で小さくなったくらい。

先の「ヴィッツ」などもモデルチェンジの度に大型化していますが、世界で販売するモデルについては、上記の流れに乗っていくことになるでしょう。

ただ、日本には、軽自動車で培った技術が沢山あるので、そのような勝負は得意中の得意。

スズキなどは凄い車を開発しそうです。

VWがスズキを取り入れたいのも、インド市場のみならず、そのあたりの狙いがありそうですね。

プジョーの「508」の記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/08/439508_665e.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

海外で見かけた注目の車(523)ダチア・ロガンMCV

Mcv海外で見かけた注目の車」シリーズの第523回目。

「トルコ編(2011年)」です。

ここまでの流れで、シュコダ、セアトと来ましたので、今日はルノー系のダチアの車、「ロガンMCV」(後期型)をご紹介。

ダチア自体は、ルーマニアのメーカーで、ヨーロッパ各国にて、その車を見かけます。

しかしながら、トルコでは極端に少なかったです。

その理由は、ここには、オヤック・ルノーというメーカーがあるから。

それは、地元であり、かつ、エンブレムは「ルノー」。

ダチアはちょっと分が悪いでしょうね。

そして、セダンが流行していて、「シンボル」といった車まであります(下記アドレス)。

こうなると、ダチアを選ぶ理由が減ってくるでしょう。

今後、オヤック・ルノーとダチアが兄弟車を作る等は、大いにあると思いますが、しばらくの間は、それぞれ独自性を持ちながら発展をしていきそうな気がしますね。

ロガンMCV」のスペック等は過去の記事をご覧下さい。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/05/392mcv_f260.html

シンボル」の記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/08/431_f0ce.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

トルコ旅行記(115)トルココーヒー!

P70905970_2トルコ旅行記」の第115回目。

前々回、「ガラタ塔」の上にレストラン&喫茶店があることは書きましたが、そこで「トルココーヒー」を頂くことに。

これは、気になりつつも、まだ、飲んでいなかったので、現地の最終日に飲んでおかねば!

という気持ち。

正直なところ、徒歩でここまで来ているので、冷たい飲み物が恋しかったのですが、やはり経験をすべきですね。

で、出てきたのは、左のような、いかにも「濃いコーヒー」。

飲んでみると、エスプレッソの5倍くらいの濃さ。

そして、コーヒー豆を粉上にしたものが、そのまま入っているようで、とても粉っぽいです。

※口の中がザラザラする感じ。。。

よって、底の方は、その粉が貯まり、どこまで飲んでよいのかが分かりませんでした(笑)。

ちなみに、飲んだ後の「粉の模様」で占いが出来るそうですが、これも、そんな模様が見えるまでは飲めず。。。

一応、カップ壁面の「模様」を撮影しておきました。

とても苦い「トルココーヒー」でしたが、とても甘いトルコのスイーツには合うのかも知れませんね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

キットカット・オトナの甘さ ホワイト

Photo_2キットカットの新商品、「オトナの甘さ ホワイト」。

「ほろにがビスケット」を使用しており、通常のチョコレートのものは以前からありましたが、そのホワイトチョコのタイプですね。

そちらに比べれば、ホワイトチョコがそれなりの甘さを持っているため、「甘さひかえめ」とは言い難い味。

ということでの「オトナの甘さ」というネーミングなのでしょう。

あと、以前と比べて、入り数が変わっていますね。

従来はレギュラーサイズ(18g)が2個入っていたものが、現在はミニサイズ(12.3g)が3個入り。

合計の量でも減っておらず、個別包装での小分け数が増え、少しずつ食べる、という点で対応がされたもよう。

このあたりも顧客調査などで調べているのでしょう。

今後も新商品に期待ですね!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

トロピカーナ・Season's Best 秋限定2011

2011_2こちらはキリンの「トロピカーナ・Season's Best 秋限定2011」。

おおよその味の予測は付くのですが、「秋限定2011」なんて言われると、やはり、飲んでおきたくなります(笑)。

入っているフルーツは、りんご洋なしぶどうももアプリコット

濃縮完全で、果汁100% です。

りんごの味が濃厚だろうな、と思っていましたが、そこまでは主張をしておらず、洋なしももが効いて、まろやかさが出ています。

私の好きなフルーツ牛乳系とは異なりますが、リッチにフルーツを堪能するには、こちらでしょうね。

ちなみに、果汁100% ということもあり、カロリーは高め。

50kcal/100ml となります。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/03

マツダ・CX-5 はクリーンディーゼルを搭載!

Cx5来年、マツダから発売される「CX-5」。

CX-9」、「CX-7」と来た流れでの小型SUVですが、注目すべきは、SKYACTIVE-Dと呼ばれるクリーンディーゼルのエンジン。

もちろん、アイドリングストップ機構付きで、直4-2.2Lにて燃費は18.6km/L(JC08モード)に及びます。

※10・15モードでは20km/L。

燃費と言えば、各モードでの数値のみに目が行きがち。

しかし、今回の場合、ディーゼルエンジンの燃料である軽油が、レギュラーガソリンより20円程度、安いことを考えると、ランニングコストはかなり抑えられそうです。

一方、従来通りのガソリン車もあり、こちらはアイドリングストップ付きの直4-2L。

燃費は16km/L(JC08モード)ということで、従来の小型SUVよりも良い数値ですが、上記のクリーンディーゼルの数値を見てしまうと、選びにくそうです。

あとは、車両本体価格次第でしょうね。

※10・15モードでは17.6km/L。

なお、同じく、クリーンディーゼルで発売済みの日産、「エクストレイル」の燃費は14.2km/Lですから、かなりの違い。

このあたりは、アイドリングストップ、特に今回はディーゼル用とのことで、エンジン休止時のピストンの位置を制御していたり、また、マイナーチェンジでの新ユニットの採用ではないために、排気系を最適化出来たことが大きいようです。

両車のスペック等を比べてみましょう。

CX-5」 <クリーンディーゼル車>

  全長4540mm、全幅1840mm、全高1705mm、ホイールベース2700mm

  最高出力:129kW(約175ps)/4500rpm、最大トルク:420N・m(約42.8kgm)/2000rpm

  燃費:18.6km/L(JC08モード) ※20km/L(10・15モード)

エクストレイル」 <クリーンディーゼル/20GT(6速MT)>

  全長4635mm、全幅1790mm、全高1700mm、ホイールベース2630mm

  最高出力:127kW(173ps)/3750rpm、最大トルク:360N・m(36.7kgm)/2000rpm

  燃費:14.2km/L(JC08モード) ※15.2km/L(10・15モード)

  価格:308.7万円(税込)

CX-5」の価格が発表されたら、「プリウス」や「ミラ イース」との購入&ランニングコストの比較をしてみたいと思いますね。

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

海外で見かけた注目の車(522)セアト・コルドバ<2nd>

2nd海外で見かけた注目の車」シリーズの第522回目。

「トルコ編(2011年)」です。

前回まではシュコダ!

と来れば、今日は同じくVW系のメーカーであるセアトからのご紹介。

コルドバ」(2代目モデル/2008年~)です。

この車は同社の「イビーザ」から派生したBセグメントのセダンで、その3代目モデルと同等の外観を持ちます。

また、その関係は初代モデルからあるので、分かり易く示すと、次のような感じでしょうか。

   「イビーザ」(2代目モデル) → 「コルドバ」(初代モデル)

   「イビーザ」(3代目モデル) → 「コルドバ」(2代目モデル)

上記のうち、今回の記事の「コルドバ」(2代目モデル)以外は、過去に「オランダ・ベルギー編(2008年)」で記事にしていますので、下記アドレスよりご覧下さい。

コルドバ」(初代モデル)

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/03/101_6321.html

イビーザ」(2代目&3代目モデル)  ※ただし、2代目モデルは前期型

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/04/102_ecff.html

これまで、なぜか出会うことのなかった、このモデルですが、トルコで見つけたのも、セダンが主流となっているお国柄ゆえでしょうね。

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

トルコ旅行記(114)ガラタ塔からの絶景

P7090589トルコ旅行記」の第114回目。

「ガラタ塔」からの絶景をもう1枚。

「ガラタ橋」の方向の写真です。

「ガラタ橋」は1F部分がレストラン街になっていますが、橋の中間付近の1/4程は船が通過出来るように地上部のみ。

写真ではちょうど、フェリーが通過中です。

また、橋の上には「トラムヴァイ」が走行中。

これにも昨日、乗りました。

さらに橋の対岸の右側にある小さな船。

これは「サバサンド」を販売しているところ。

ここも昨日、行っているので、改めて眺めて、それを実感。

色々な角度から、景色や見所を確認するのも思い出になるものですね。

この記事に関連する、過去の記事はこちらからどうぞ。

「ガラタ橋」の記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/10/107_f1a8.html

「トラムヴァイ」の記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/10/104_0905.html

「サバサンド」の記事はころらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/10/106_fea6.html

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

素敵な六兵衛のホイップあんぱん

1ファミリーマートで購入した「素敵な六兵衛のホイップあんぱん」(ヤマザキ)です。

映画、「素敵な金縛り」の公開記念で、三谷幸喜氏がプロデュースをされたとのこと。

どうも、パンの形状は、映画に登場する「落ち武者」をイメージしたもよう。。。

そんなのにかじりつくのも違和感がありますが、あまり、リアルには出来ていないので問題なしですね。

実際の作りは、パンの黒い部分はクッキー生地。

そして、中は、つぶあん+ホイップと美味しさにもこわだり有り。

このあたりは、三谷幸喜流なのでしょう。

他にも色々な商品があったので、試してみたいですね!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

午後の紅茶・エスプレッソティー 冬のほろにがラテ

Photo_3こちらはキリンの「午後の紅茶・エスプレッソティー 冬のほろにがラテ」です。

昨年、ヒットした、このシリーズも2年目を迎え、さらに「味」にこだわって来た感じです。

特に、この商品では、紅茶とミルクを濃いめにしつつ、苦さを演出して、他の大容量の紅茶飲料とは差別化をしていますね。

昨年に引き続き、「少しの量で良いので、丁寧に入れた紅茶を飲みたい」という時に最適の商品だと思います。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/02

ホンダのハイブリッド3車種のカタログ入手

3ホンダのハイブリッド、3車種、「インサイト」、「フリード」、「フリードスパイク」のカタログを頂きました!

※「フリード」、「フリードスパイク」は通常モデルと共用。

個別のスペック等は以前、記事にしているので(下記アドレス)、そちらをご覧頂くとして、気になったことなどを記載しましょう。

まず、「インサイト」ですが、新規の1.5Lモデルである「エクスクルーシブ」のページにあった「CR-Z を搭載した、インサイト」という言葉が印象的でした。

要は、1.3Lを前提に開発したインサイトに、CR-Z用のパワープラントを収め、チューニングすることに相当の苦労をしたようです。

+200ccの差であり、ホンダの技術力をもってすれば、そんなに難しいことには思えないのですが、そこは素人には理解不可能な部分があるのでしょう。

他に気になったのはボディーカラーの設定。

  ★スーパープラチナアクア・メタリック  (インサイト専用色)

  ★プレミアムブロンズ・パール      (インサイト エクスブルーシブ専用色)

  ★プレミアムホワイト・パール

  ★プレミアムディープロッソ・パール

  ★プレミアムダイナミックブルー・パール

  アラバスターシルバー・メタリック

  ポリッシュドメタル・メタリック

  クリスタルブラック・パール

何と、半分以上が特別色で追加費用が発生(★印/税込31500円)。

つまり、「銀色か黒色以外の車に乗りたければ、追加費用を払いなさい」という状態です。

プレミアムな塗料でなくても良いので、気軽にレッドやブルーの車を選びたいものですね。

なんて、思いつつ、「フリード」、「フリードスパイク」のカタログを見てみると、何と、こちらも同じ状態。

  ★プレミアムブルーオパール・メタリック

  ★プレミアムブラキッシュ・パール

  ★プレミアムホワイト・パール

  ★スーパープラチナ・メタリック

  アラバスターシルバー・メタリック

  ポリッシュドメタル・メタリック

  コバルトブルー・パール         (フリード専用色)

  ターコイズ・メタリック           (フリードスパイク専用色)

こちらも★印は31500円の追加オプション。

フリード」のブルーがパール系でも標準色なのは良いと思いますが、そもそも、特別色は設定7~8色の中の2色程度に抑えるべきですね。

このあたりについては、今後、街中を走っている、これらの車のボディーカラーをチェックしてみようと思います。

それぞれの詳細な記事はこちらからどうぞ。

インサイト」:

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/10/15l_3c7e.html

フリード」、「フリードスパイク」:

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/10/post_fa3a.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

海外で見かけた注目の車(521)シュコダ・イエティ

Photo_2海外で見かけた注目の車」シリーズの第521回目。

「トルコ編(2011年)」です。

今日もシュコダの車ですが、「イエティ」をご紹介。

2009年から発売されている小型のSUV。

大きさは、全長4233mm、全幅1793mm、全高1691mm、ホイールベースは2578mmです。

搭載されるエンジンは5種類。

ガソリンは直4の1.2L(105ps)と1.8L(160ps)、ディーゼルは直4-2Lで、チューニングにより、110ps版、140ps版、170ps版の3種類があります。

また、駆動方式は、搭載されるエンジンにより、FFか4WDが決定するとのこと。

SUVだと、個性を求める人が多いので、こういうデザインも良いかも知れません。

価格も大手のヨーロッパメーカーより安いでしょうし。

今回は、セダンが人気のトルコであったため、あまり、この車を見なかったのですが、ヨーロッパの各国では、もっと走っているような気がしますね。

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

トルコ旅行記(113)ガラタ塔へ

P7090579トルコ旅行記」の第113回目。

街並みを楽しみながら歩いていると、あっという間に「ガラタ塔」に到着しました。

塔は左の写真の通りで、高さは67m。

そんなに高い訳ではありませんが、立地が高台であるため、見晴らしは非常に良いです。

それもそのはず、ここは元々、6世紀初めに灯台として使われていたとのこと。

ご覧の通り、海を行き来する船が見えます。

地上1Fの受付の後はエレベータへ。

そのまま、最上階へ直通。

そこが塔の写真で言えば、大きな窓のあるところで、さらに、らせん階段を上ると、もう1階上へ進みます。

そこには、レストラン&喫茶店があり、外に出ると、塔の周りを1周する展望台となっています。

ここは、人がすれ違うのが困難なくらいの狭い通路。

人が多いと立ち止まって、景色をぼんやりと眺めることも出来ません。。。

が、私達が着いた時はちょうど空いていて、素敵な景色を思い切り堪能しました。

ちなみに、前の記事で書いた、オプションツアーで、ここに来られた方々は道路が渋滞して、私達より30分後くらいに到着され、エレベータに乗るのにも30分の行列だったとのこと。

私達が徒歩で来たことを伝えると驚かれていました。。。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

ヤマザキとイカリソースのコラボ!?

Photo_4ヤマザキとイカリソースのコラボ商品。

根菜メンチカツパン」です。

パン生地の方は全粒粉(小麦粉、ライ麦フレーク)入りで、その比率は2% とのこと。

これが高いのか、低いのかは分かりませんが、敢えて、表記をしているところをみると、高いのかも知れません。

メンチカツの方は「根菜」とのことで、歯応えも十分。

これにイカリソースが絡んで、とても美味しいです。

こういう、イカリソースつながりなら、様々な惣菜パンが作れそう。

その点で、今後が楽しみですね!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

冬麒麟 <2011年Ver>

201111昨日、ロッテの「Rummy」の記事を書きましたが、こちらも季節限定の商品。

キリンの「冬麒麟」です。

各ビールメーカーが、この手の季節ものを発売するのも、すっかり、お馴染みになって来ましたね。

これらを飲む時の室温や、一緒に食べるであろう食事を考え、それらに合うテイストに仕上げているのが特長。

この「冬麒麟」では「Mild Taste」とあり、やはり、鍋物なんかとの相性を考えているのでしょうか。

ちなみに、アルコール分5%、エネルギー量は42kcal/100ml です。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

2011/11/01

海外で見かけた注目の車(520)シュコダ・ファヴォリット ラリー仕様?

11海外で見かけた注目の車」シリーズの第520回目。

「トルコ編(2011年)」です。

今日も前回と同じくシュコダの「ファヴォリット」ですが、そのスポーティな車両を。

ご覧の通り、ボディサイドに大きな車名のデカールがあり、全体の雰囲気も極めて硬派です。

この理由ですが、シュコダがこの車種でWRCのラリーに出場していたことが大きいでしょう。

1989年からの出場で、1994年には2Lクラスにて優勝をしています。

その流れで製作されたと思われる、この車両、メーカー仕様の1グレードなのか、社外品によるチューニングかは不明ですが、とても良い雰囲気を醸し出していました。

なお、元のベース車両と比較をされる場合は、以前の記事をどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/10/145_c455.html

ブログランキング参加中! 皆様のクリックのご協力をお願い致します。<(_ _)>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

トルコ旅行記(112)ノスタルジックな電車

P7090571トルコ旅行記」の第112回目。

朝食の後は、フリータイム。

15時にホテルのロビーに集合ですが、チェックアウトは済ませて、スーツケースと大きな手荷物をフロントに預けます。

10時前に出掛けようとすると、オプションツアーに出掛ける方々とばったり。

実は行き先は、これから私達が行こうとしている「ガラタ塔」。

オプションツアーでは、これに「ガラタ橋」でのシーフードランチ、それにミニバスでの送迎とガイドが付いています。

「ガラタ橋」は昨日のフリータイムに行ったところで、確かにレストランもありました(下記アドレス)。

私達はと言えば、自力で「ガラタ塔」へ。

オプションツアーは、それなりの価格なのと、自分の足で歩きながら「体験」をした方が色々と思い出も増えるので。

実際のところ、徒歩でも20分くらいの距離。

私達は地元の店をのぞいたり、私が車の写真を撮りつつ進むので、30~40分で到着したと思います。

写真は、その途中で撮影した「ノスタルジック・トラムヴァイ」と「テュネル」。

「ノスタルジック・トラムヴァイ」は1両編成の路面電車で、ご覧の通り、街中を普通に走っています。

そんなにスピードも出ておらず、人々の横をすり抜けていく感じで、テーマパーク内にあるような移動用の乗り物のイメージですね。

昨日、乗った「トラムヴァイ」(下記アドレス)とは明らかに毛色が違いました。

「テュネル」は1875年開業の地下鉄。

改札は地上にあり、その奥に電車が停車中。

ここから地下に向かって斜めに降りていく感じです。

こんな感じで地元の道を堪能しながら、「ガラタ塔」を目指します!

「ガラタ橋」の記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/10/107_f1a8.html

「トラムヴァイ」の記事はこちらからどうぞ。

http://fukufuku-r.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/10/104_0905.html

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

事前情報:BOSSの缶コーヒーでロータスのミニカーをゲット!

Bossちょうど1週間先の話ですが、11月8日よりコンビニ等で販売している、サントリーの缶コーヒー、「BOSSレインボーブレンド」にロータスのミニカーが付いて来ます。

そのタイプは大きく分けて2つ。

一方は2缶に1個付属のF1カー(写真上側)、他方は1缶に1個付属の市販スポーツカーです(写真下側)。

まず、2缶に1個付属の方ですが、ダイキャスト製のプルバックカー。

車種は、チーム・ロータスの「72D」、「79」、「81」、「97T」、「99T」、そして、ロータス・ルノーGPの「R31」の全6種。

一方の1缶に1個付属の方は、温度で色が変わるとの仕掛け付きのプルバックカー。

車種は「エリートS1」、「エランS3」、「ヨーロッパS1」、「エリート」、「エスプリターボ」、「エクシージS」、「ヨーロッパS」、「エヴォーラ」、「エリーゼSC」の全9種。

2缶に1個付属の方は、取り扱いの店舗が少なく、競争が激しそうです。

また、温度で色が変わるというのは、缶コーヒーの「レインボー」を意識してのものと思いますが、面白い試み。

それぞれ、どんな色に変化するかに興味があるので、こちらも一通りは確保したいですね!

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

Rummy

201110_2季節限定の「Rummy(ラミー)」の販売の時期となりましたね。

ラムレーズンの美味しさを凝縮したチョコレート。

ただ、洋酒使用でアルコール分3.7% とのこと。

「たくさん食べると、車の運転が出来ないな」と思ったら、

パッケージにも「お酒が入っていますので、運転時などはご遠慮ください」と書いてありました。

このあたりは、メーカーとしても、顧客としてもしっかりと守らなければならないところ。

車を運転する可能性がある日に、うっかりと食べてしまわぬよう、注意が必要ですね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

Caカルビタ

Ca2こちらは日清ヨークの「Caカルビタ」というジュース。

その名の通り、カルシウムとビタミンDがたっぷりと入っています。

含有量はそれぞれ、108mg/100ml、3.1μg/100ml。

また、エネルギー量も見ておくと、52kcal/100ml と、かなり高めです。

味の方は、想像通りの「カルピス味」。

パッケージも、それを想像させるような色合いであるようにも思います。

そこは期待を裏切らず(?)、栄養素をたっぷり、ということでしょう。

こういう商品がロングセラーになっても良さそうなものですが、過去の例を見る限りは、なかなか難しいものですね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview